妊娠中に使ったレスタミンコーワを使ったらとっても良かった話

私は妊娠前から元々皮膚は弱いほうでした。少し日焼けをすると真っ赤になり、火傷をしたように晴れてしまいます。
しかし、妊娠してからは赤ちゃんをかばっているのもあり、洋服は常に袖のある物を着るよう心掛けていたからでしょうか。
肌のトラブルとは全く無縁の生活を送っていました。
そんな順調だったお肌に問題が起きたのは、妊娠も半ばになったころです。
長男を妊娠中、ちょうど胎動を感じ始め、妊婦の幸せを噛み締め始めた頃、
ある日から腹部に猛烈な痒さを感じました。それ以来痒さに悩まされるようになったのです。

お腹が大きくなるにつれて、皮膚が薄くなったからでしょうか?
それとも妊娠中のホルモンバランスが崩れたせいでしょうか?
とにかく痒いのです。でも掻いてしまうと余計にそこが痒くなってしまう。
遂には真っ赤に熱をもった状態になってしまい、居ても立っても居られない状態になってしまいました。

いつもでしたら薬局に駆け込んで、その症状にあった強い薬を即買いする私でしたが、
そこは妊娠中。ましてや痒い場所はお腹であり、その皮膚の下には赤ちゃんがいるという状態。
万が一でも強い成分が胎児に影響を及ぼすことがないとも限りません。

2日後には検診の予定だったのですが、居ても立っても居られない私は予約を待たずして来院。
そこで処方されたのがレスタミンコーワの保湿クリームでした。
匂いもそれほどきつくなく、柔らかくよくのびるクリームは塗りやすく、すぐというわけには行きませんでしたが、
あれほど我慢できなかったか痒みがすっと和らいでいったのを覚えています。

後で調べたのですが、レスタミンコーワはかゆみの元となるヒスタミンの働きを抑え込む
役割があるとのこと。
また、私が経験した痒さは「妊娠性皮膚掻痒」と呼ばれ、妊婦によくある皮膚のトラブルだそうです。
保湿も大事とのことでしたので、同時に保湿クリームも紹介してもらいました。
お風呂にゆっくり入った後、保湿クリームを薄く塗りこむように広げ、さらに痒いところに
レスタミンコーワを塗っていきます。

毎日丁寧に塗っていたおかげもあってか、ほどなく痒みも取れたのですが、さらに良かったのは
心配した妊娠線が残らなかったこと。
お腹にいた長男が「しっかり皮膚のケアもしなきゃだめだよ!」とアドバイスをくれたのかなと
思っています。

妊娠中には様々なトラブルがつきものです。そのたびに自分の身体だけじゃないと心配になりますね。
特に薬が必要な場合には、必ず産院に相談することをお勧めします。

普通の保湿剤、保湿クリームで妊娠線予防はできません!


イラスト


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために
生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで
浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。






そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。


海外では妊娠線対策に有名な成分なのですが、ココ最近日本でも注目されるようになりました。


ヒドロキシプロリシラン C N

アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン

などの表示名もシラノール誘導体のことです。

「シラノール誘導体」の効果
「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。

真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。


 そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです



シラノール誘導体は海外で妊娠線防止化粧品の有効成分としての使用実績があります。

下記は海外での研究結果の一例です。



http://www.biosiltech.com/sites/default/files/HydroxyprolisilaneCN.pdf



この論文では
Stretch marks(妊娠線)のある人や妊娠線予防を目的に

HYDROXYPROLISILANE C N(=シラノール誘導体のこと)が含まれたクリームを使用した所
79%の人が効果を実感したとという結果がでています。

要は
「シラノール誘導体」は肌の奥深いところから引き締めて潤いを与える成分です



保湿クリームやオイルは、肌の表面(角質層)をだけ保湿しますが、肌の奥には届きません。

でもシラノール誘導体なら肌の奥深くまで浸透するので、妊娠線対策として有効なのですね。

日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは
ベルタの妊娠線クリームとキャリネスボディクリームだけでした。

キャリネスボディクリームは6,696 円(税込)とよっとお高い・・



あとよくみるベルタのマザークリームは初回500円ですが、最低6回も定期購入
を継続する必要があります。



これだと結局負担が大きくなりますよね…


そこで色々な妊娠線クリームを探していたのですが、ママ友から教えてもらったのが
MONA MAMMYという妊娠線クリームです。

MONA MAMMY妊娠線クリームなら定期購入を1回目からやめられます。
あと休止もできるので、自分のペースで購入できます。

経済的なのが気に入りました♪



あともちろん「シラノール誘導体」が入っていますよ。




使ってみた感想としても、結構伸びがよいという質感です。
これなら1本で2ヶ月くらいもっています。
もちろんお腹以外にもいっぱい塗るとしたら1本1ヶ月以内になくなると思います。



私はお腹を重点的にケアしていますが、2,3ヶ月に1回1本注文という定期購入ペースでやっています。
(休止をいれて毎月購入しないようにしています)






妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。



妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。

ぜひ妊娠初期から始めてみることをおすすめいたします!



 >>「シラノール誘導体」が入った妊娠線予防クリーム