特に気をつけて!妊娠線ができる時期はいつ頃が多い?

Q.png現在、38週目を迎えた妊婦です。
出産中に急にお腹が大きくなったり、胸やお尻が大きくなると、
妊娠線が出来ると聞きました。急激に体重が増加するタイミングは気を付けて!と
言われていましたが、具体的には妊娠線ができやすい時期はどのくらいなのでしょうか。38週迎えているので、お腹自体はかなり大きいです。
急な体重の増加はありましたが、おそらく妊娠しているのであれば、
普通な体重の増加という程度で、太ったというわけではありません。

今のところ、妊娠線を予防するクリームをお腹に塗るという対処しかしていませんが、
他に何か予防方法はありますか?

ご経験者の方や奥さんが出産を経験して詳しいよ!という方、
ぜひ色々と教えてください。
出産未経験者なので、友人にも出産を経験している子がいないので、
分からいことだらけで困っています。よろしくお願いいたします。

■妊娠線はいつできるのか

安定期以降の妊婦さんにとって心配なことの一つに妊娠線があると思います。
妊娠線はおなかが大きくなり皮膚が伸ばされることによってできる線状の跡です。

妊娠線は皮膚の中でも真皮のダメージによるもので、手術跡などと同じく瘢痕です。
一度できた瘢痕は薄くすることはできますが、完全に元通りに治すことはできません。

妊婦さんの半数以上に妊娠線ができると言われており、決して他人事ではありません。
ではそんな厄介な妊娠線はいつごろできるのでしょうか。

妊娠線ができた方を対象としたある調査によると、
80%の人が妊娠後期(8~10ヶ月)に、18%が妊娠中期(5~7ヶ月)に、
2%の人が妊娠初期(~5ヶ月)に妊娠線ができたと回答しています。

妊婦さんというと大きいお腹というイメージがありますが、お腹が目立ちだすのは
妊娠中期以降で、赤ちゃんがもっとも成長するのは妊娠後期です。

生まれてくる頃には3000g前後の重さがある赤ちゃんでも、
妊娠27週(妊娠7ヶ月)では体重はまだ1000gほどしかありません。

その後急速にどんどん成長していき、3週ごとに約500gずつ成長します。
そして、39週(10ヶ月)で約3000gとなり生まれてきます。

赤ちゃんが大きく成長する時期と妊娠線ができやすい時期はだいたい一致しており、
おなかが大きくなり皮膚ががんばって伸びようとして妊娠線ができるということになります。

■妊娠線の予防法

医学はどんどん進んできていますが、まだ妊娠線の完全な予防法はみつかっていません。
医師の中には妊娠線ができるかどうかは遺伝もあり、自分の母親に妊娠線がある人は
その人自身も体質的に妊娠線ができやすいのではという人もいます。

ですが乾燥していると妊娠線ができやすいこと、おなかが大きくなると皮膚も引っ張られ
妊娠線ができやすいということが言われています。

そのため、妊娠中の妊娠線予防では乾燥を防ぐこと、太りすぎないことが基本的な方法です。

<乾燥対策>

妊娠線予防クリームなどがいくつも市販されています。
口コミなどを参考に好みに合わせて選んでください。

妊娠中はホルモンなどの影響により肌が乾燥しやすいです。
クリームは乾燥防止にはなりますが、クリームを塗る前に化粧水などで
水分補給をさせてあげるとより効果的です。

クリームの他に妊娠線などに効果が高いとされるオイルも出ています。
クリームでもオイルでもとにかく保湿することが重要です。

<体重管理>

最近は妊婦さんといえどあまり体重を増やしてはいけないと言われます。
体重が増えると妊娠高血圧、妊娠糖尿病などのリスクになるほか、
おなかが大きくなってしまうため、妊娠線もできやすくなります。

過激なダイエットはもちろん禁物ですが、10kg以上体重を増やさないようにしましょう。

また、双子を妊娠されている場合や小柄な妊婦さんではどうしてもおなかが
大きくなってしまいます。
そのような場合、頑張ってもどうしようもないこともあるようです。

その他にも、ビタミンCを摂取するとコラーゲンの生成が増えますので
積極的に摂るようにしましょう。

■頑張っていても妊娠線ができてしまう理由

早いうちから妊娠線予防を頑張っていても妊娠線ができてしまった・・・
という方は意外といらっしゃいます。

その理由として多いものをご紹介します。

・大きくなったおなかに隠れて見えなかった

よくあるケースです。

妊娠後期になりおなかが大きくなるとおなかの下が見えにくくなります。
本人はちゃんとケアしていたつもりでも見えないところのケアが不十分になり、
出産後に妊娠線に気がついたり、ご主人に言われて気がついたりするようです。

・妊娠後期に急激におなかが大きくなった

こちらもよくあるケースです。
妊娠後期までは妊娠線ができずに安心していても、出産前に急激に赤ちゃんが成長し、
皮膚が耐えられず妊娠線ができてしまいます。

急激に皮膚が伸ばされるとこれまできちんとケアされてきた方でも
妊娠線ができてしまうことがあります。
赤ちゃんの成長は完全に予測できませんから不可抗力といえるでしょう。

他にも、
・双子の場合、小柄な妊婦さんの場合
・皮膚が伸びにくい体質であった場合
などがあります。

■妊娠線ができてしまったら

妊娠線ができてしまってもこつこつとケアすれば目立たなくすることができます。

できてしまった妊娠線に対しても保湿が有効です。
妊娠線予防に使用していたものがそのまま使えます。

また、妊娠線はできたばかりのころは赤紫色をしていますが、時間が経つにつれて
肌の色に近い自然な色になり、自然と目立ちにくくなります。
なので、妊娠線を発見したときよりは確実にマシになります。

普通の保湿剤、保湿クリームで妊娠線予防はできません!


イラスト


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために
生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで
浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。






そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。


海外では妊娠線対策に有名な成分なのですが、ココ最近日本でも注目されるようになりました。


ヒドロキシプロリシラン C N

アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン

などの表示名もシラノール誘導体のことです。

「シラノール誘導体」の効果
「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。

真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。


 そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです



シラノール誘導体は海外で妊娠線防止化粧品の有効成分としての使用実績があります。

下記は海外での研究結果の一例です。



http://www.biosiltech.com/sites/default/files/HydroxyprolisilaneCN.pdf



この論文では
Stretch marks(妊娠線)のある人や妊娠線予防を目的に

HYDROXYPROLISILANE C N(=シラノール誘導体のこと)が含まれたクリームを使用した所
79%の人が効果を実感したとという結果がでています。

要は
「シラノール誘導体」は肌の奥深いところから引き締めて潤いを与える成分です



保湿クリームやオイルは、肌の表面(角質層)をだけ保湿しますが、肌の奥には届きません。

でもシラノール誘導体なら肌の奥深くまで浸透するので、妊娠線対策として有効なのですね。

日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは
ベルタの妊娠線クリームとキャリネスボディクリームだけでした。

キャリネスボディクリームは6,696 円(税込)とよっとお高い・・



あとよくみるベルタのマザークリームは初回500円ですが、最低6回も定期購入
を継続する必要があります。



これだと結局負担が大きくなりますよね…


そこで色々な妊娠線クリームを探していたのですが、ママ友から教えてもらったのが
MONA MAMMYという妊娠線クリームです。

MONA MAMMY妊娠線クリームなら定期購入を1回目からやめられます。
あと休止もできるので、自分のペースで購入できます。

経済的なのが気に入りました♪



あともちろん「シラノール誘導体」が入っていますよ。




使ってみた感想としても、結構伸びがよいという質感です。
これなら1本で2ヶ月くらいもっています。
もちろんお腹以外にもいっぱい塗るとしたら1本1ヶ月以内になくなると思います。



私はお腹を重点的にケアしていますが、2,3ヶ月に1回1本注文という定期購入ペースでやっています。
(休止をいれて毎月購入しないようにしています)






妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。



妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。

ぜひ妊娠初期から始めてみることをおすすめいたします!



 >>「シラノール誘導体」が入った妊娠線予防クリーム