できる確率とかはあるの?気になる妊娠線とその予防法

Q.png私は現在妊娠初期の妊婦です。
先日、病院の先生から妊娠線が出来ないように対処した方が良いよ。と言われました。ネットで調べてみると、ひどい人はかなりの量の縦に赤くひび割れたような
線が入っていました。妊娠線って聞いたことはありましたが、
実際に見てみると、結構目立つし、痛々しいのですね。。

出来るだけ、妊娠線が出来ないようにしたいです。
妊娠線を予防するクリームがあると教わったので、
ドラッグストアで購入し、現在お腹と脚にまんべんなく毎日塗っています。

妊娠線が出来る確率は人それぞれなのでしょうか?
妊娠線を予防するクリームを塗るという方法以外に、
何か妊娠線が出ないようにする方法はあるのでしょうか。

ご経験者の方やお詳しい方、ぜひアドバイスをください!
どうぞ、よろしくお願いいたします。

■妊娠線ってどんな線?

妊娠線という言葉は耳にしたことがあっても実際にどんなものなのかよくわからない、
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

妊娠線は妊娠してお腹が大きくなるにつれてできる線状の跡のことで、赤紫色をしています。
この赤紫色は色素沈着ではなく、皮膚が伸ばされ下にある血管が透けることによります。

お腹からでき始めることが多いのでお腹にできるものというイメージがあるかもしれませんが、
妊娠線は妊娠して太くなるところであればどこでもできる可能性があります。
例えば、太もも・胸・足の付け根・ふくらはぎ・二の腕などです。

妊娠すると妊娠末期までに8-10kgほど体重が増えます。
皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層からなります。
このうち表皮は伸びやすいため、妊娠による体重増加にも柔軟に対応することができます。

一方、真皮と皮下組織は表皮と比べると伸びにくく、急激な体重増加には耐えられず、
限界がくると亀裂ができてしまうことがあります。

妊娠線が触ると少しへこんでいるのは表皮がへこんでいるのではなく、その下にある
真皮や皮下組織がへこんでいるからなのです。

■妊娠線ができる確率

妊娠線ができる確率はどれくらいなのでしょうか。
50%、70%、80%、60%以上などさまざまなデータがありますが、妊婦さんの半分以上に
妊娠線ができるというのは間違いなさそうです。

また、26歳以上の妊婦さんは90%近くに妊娠線ができるという恐ろしいことも言われています。

若い人の方が肌の柔軟性が高いため、妊娠線ができにくい傾向があります。
また、肌の再生力も高いためできても薄くしやすいでしょう。

■妊娠線ができやすい人はこんな人!

妊娠線ができる確率は確かなものは出ていませんが、妊娠線ができやすい条件は
いくつか知られています。

・肌が乾燥している

乾燥していると肌荒れしやすいので要注意です。
妊娠中はホルモンバランスが変わり、普段よりも乾燥しやすくなります。
いつもよりも保湿を心がけましょう。

・体重が一気に増えた(増えそう)

急激な体重増加があると皮膚も急激に伸ばされ妊娠線ができやすくなります。
体重増加は10kg以内にしておくのがいいでしょう。

・小柄な体格

小柄な方は普通の方よりもお腹が張り出してしまう傾向があり、お腹の妊娠線ができやすいです。

・双子以上の妊娠

双子などではどうしてもお腹が大きくなってしまいます。
お腹が大きくなると妊娠線はできやすくなってしまいます。

・肌がかたい

肌のかたい人は肌が伸びにくく、妊娠線ができやすいです。
あごの下の皮膚を引っ張ってみてなかなか伸びないという人は要注意です。

・皮下脂肪が多い

皮下脂肪が多い人や筋肉が少ない人も妊娠線ができやすいと言われています。

■妊娠線を予防する方法

妊娠線を予防するための商品がたくさん出ていますが、どれにも共通して言えるのは、
妊娠線の予防が100%できるわけではない、ということです。
今のところ妊娠線を100%予防する方法がないということは専門家も認めています。

妊娠線ができるかどうかには体質が大きく関わっていると言われていますが、
先ほど妊娠線ができやすい条件の中にもあったように乾燥は大敵です。
妊娠線予防は保湿による乾燥対策が中心で、全く効果がないというわけではありません。

乾燥対策をしていればできてしまう妊娠線を軽くすませることができるかもしれませんし、
妊娠線ができてしまった後のケアも保湿が基本となりますのでスムーズに移行できます。

妊娠線ができるかどうかは個人差がありますが、乾燥対策はしないよりもした方がいいので
ぜひ毎日続けてみてください。

妊娠線はお腹からできることが多いと言われていますので、最初のうちはお腹を中心に
クリームやオイルを塗り、軽くマッサージをするといいでしょう。

妊娠線は下腹部にできやすく、またお腹が大きくなると見えにくくなりケアがおろそかに
なりがちですので下腹部まで保湿するように心がけるといいでしょう。

使用するクリームやオイルは保湿できればなんでもいいので肌に合ったものを選んでください。
ワセリンを使って安く妊娠線を予防されている方もいらっしゃいます。

マッサージは本格的なものではなく、軽くさすったり揉んだりなどでOKです。
強くやりすぎは禁物です。
手に残ったクリームやオイルを塗り込むように数分すれば十分です。

お腹に妊娠線を発見した場合や、妊娠後期に入ったり、体重が増えてしまったら
お腹以外にも同様のケアを始めましょう。
一回にかける時間は少しでいいので毎日続けることが大事です。

クリームやオイルによる保湿の他にも体重増加に気をつけることも大事ですし、
コラーゲンやビタミンCなど肌にいいものを摂ることもおすすめです。

普通の保湿剤、保湿クリームで妊娠線予防はできません!


イラスト


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために
生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで
浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。






そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。


海外では妊娠線対策に有名な成分なのですが、ココ最近日本でも注目されるようになりました。


ヒドロキシプロリシラン C N

アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン

などの表示名もシラノール誘導体のことです。

「シラノール誘導体」の効果
「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。

真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。


 そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです



シラノール誘導体は海外で妊娠線防止化粧品の有効成分としての使用実績があります。

下記は海外での研究結果の一例です。



http://www.biosiltech.com/sites/default/files/HydroxyprolisilaneCN.pdf



この論文では
Stretch marks(妊娠線)のある人や妊娠線予防を目的に

HYDROXYPROLISILANE C N(=シラノール誘導体のこと)が含まれたクリームを使用した所
79%の人が効果を実感したとという結果がでています。

要は
「シラノール誘導体」は肌の奥深いところから引き締めて潤いを与える成分です



保湿クリームやオイルは、肌の表面(角質層)をだけ保湿しますが、肌の奥には届きません。

でもシラノール誘導体なら肌の奥深くまで浸透するので、妊娠線対策として有効なのですね。

日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは
ベルタの妊娠線クリームとキャリネスボディクリームだけでした。

キャリネスボディクリームは6,696 円(税込)とよっとお高い・・



あとよくみるベルタのマザークリームは初回500円ですが、最低6回も定期購入
を継続する必要があります。



これだと結局負担が大きくなりますよね…


そこで色々な妊娠線クリームを探していたのですが、ママ友から教えてもらったのが
MONA MAMMYという妊娠線クリームです。

MONA MAMMY妊娠線クリームなら定期購入を1回目からやめられます。
あと休止もできるので、自分のペースで購入できます。

経済的なのが気に入りました♪



あともちろん「シラノール誘導体」が入っていますよ。




使ってみた感想としても、結構伸びがよいという質感です。
これなら1本で2ヶ月くらいもっています。
もちろんお腹以外にもいっぱい塗るとしたら1本1ヶ月以内になくなると思います。



私はお腹を重点的にケアしていますが、2,3ヶ月に1回1本注文という定期購入ペースでやっています。
(休止をいれて毎月購入しないようにしています)






妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。



妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。

ぜひ妊娠初期から始めてみることをおすすめいたします!



 >>「シラノール誘導体」が入った妊娠線予防クリーム