出産後からでもOK!妊娠線の跡の消し方は?

Q.png妊娠線の跡の消し方を教えてください!
現在、私は妊娠9か月の妊婦です。病院の先生に、妊娠線が出来ないように気を付けるように。と言われていたので、
オイルでマッサージをしていたのですが、先日ふとお腹を見てみると、
妊娠線が出来ていました。

よく見ると、胸の下部分と下腹部に目立つ妊娠線がありました。
オイルでマッサージをして伸ばしているのですが、
いつの間にかできてしまっていて、なかなか取れません。

結構派手にできていて、出産後も跡になってしまいそうですが、
出産後もマッサージをし続けたら、取れるものなのでしょうか?

妊娠線の跡に効果的なクリームなどご存知でしたら、教えてください。
ちなみに、私は自然派が好きなので、
ヴェレダの妊婦用マッサージオイルを使用中です。

■できてしまった妊娠線は消える?

おなかが大きくなるとどうしてもできやすくなってしまう妊娠線ですが、
妊娠線を完全に予防することは難しいと言われています。

最近では妊娠線予防クリームやオイルで早いうちから予防を始めている妊婦さんが多いですが、
妊娠線ができるかどうかには体質が大きく関わっていてケアしていてもできることがあります。

妊娠線予防をしていても妊娠線ができてしまうことがあるからといって
ケアが全く無駄というわけではありません。

妊娠線ができやすいのは、

・体重増加が大きい人
・乾燥肌の人
・筋肉が少なく、皮下脂肪が多い人
・皮膚が硬く伸びにくい人

などにあてはまる人です。

ケアをすることで乾燥肌は改善できますので、ケアによって多少はできる妊娠線を
和らげることができます。
さらに妊娠線予防はできてしまった妊娠線を薄くすることにも役立ちます。

妊娠線は皮膚の表面にある表皮ではなく、その下にある真皮にダメージが加わることにより
へこみができます。
表皮の下にある真皮は引っ張りに弱く、耐えきれずに亀裂ができてしまうからです。

そのため、妊娠線を元通りにするにはへこんでしまった真皮を元通りにする必要があります。
しかし、真皮は再生が活発に行われるところではなく、完全に元に戻すことは難しいです。
だから妊娠線は完全に治すことは難しいと言われています。

ですが、ケアによって真皮のへこみを改善し、目立たなくすることは可能です。
妊娠線ができたけど完全に消えたという人は気にならない程度に薄くなった人でしょう。

■売れている妊娠線予防クリームはコレ!

ここでは楽天市場で人気の商品を中心にご紹介します。
配合されている成分や効果も重要ですが、特に妊娠中に使用される場合は
においも重要ですので自分に合ったものをお使いください。

<ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム>

楽天市場で妊娠線予防クリーム売上No.1を獲得した商品です。
120gと470gの2種類のサイズがありたっぷり塗りたい方にもおすすめです。

助産師と出産経験者の意見から作られました。
また、安心の日本製で無香料・低刺激なのも嬉しいです。
マッサージ不要でお手軽に妊娠線対策ができます。

気になる成分についてご紹介します。

・カレンデュラオイル
トウキンセンカとも呼ばれ、肌荒れや乾燥に効果的です。

・アルガンオイル
ビタミンEが豊富な貴重なオイルです。

・ツボクサエキス
古くからマタニティケアに使用されていた成分です。

・スーパーヒアルロン酸
通常のヒアルロン酸の1/1000の大きさで浸透力が高いです。

・ダブルコラーゲン
低分子のコラーゲンとモイストコラーゲンの2種類を配合しています。

・ダブルセラミド
肌の大事な構成成分であるセラミドを2種類配合しています。

乾燥を防いだり、肌にはりを与える成分がたくさん配合されており、妊娠線予防に効果的です。
また、できてしまった妊娠線に対しても保湿は大事ですので効果的です。

おなかが目立たないうちはお風呂上りにおなかにぬり、妊娠中期以降は1日2回、
妊娠後期はおなかの他にも太ももやお尻など気になるところにも塗りましょう。

<nocor ノコアアフターボディ トリートメントクリーム>

こちらも楽天市場で妊娠線予防クリーム売上No.1を獲得した商品です。

この商品は妊娠線予防クリームとして使用されるだけでなく、
できてしまった妊娠線などの傷あとに焦点を当てて作られているクリームです。
なので、出産後で本腰を入れて妊娠線ケアをしていきたいという方におすすめです。

使用して2~3週間で効果を実感したという人もいます。
気になる成分は以下のようになっています。

・ビタミンC誘導体 FUNCOS C-IS
通常の約200倍もの浸透力があります。
ビタミンCにはコラーゲンの生成作用があります。

・FGF
コラーゲンを生み出す線維芽細胞を増やす成分です。

・BODY3 COMPLEX
生シアバター、アボガド、ベントナイトを組み合わせた100%オーガニックの機能性原料です。
3つの成分の相互作用により今までにない効果を実現します。

エコサート社認証のオーガニック原料です。

・ティーツリー
・ラベンダー
・ホホバ油
・カミツレ
・ネロリ など

1本150gで1ヶ月から1か月半持ちます。
1本6980円(税込)と高めですが、本気で治したい方は試してみてください。

<キャリネス ボディクリーム>

こちらも人気が高いクリームです。
母親学級で出会ったママさん達の声を集め、美容皮膚科医監修のもと作られました。

自身の妊娠経験も踏まえて作られているため、ママ目線の商品になっています。
妊娠中の肌に優しいアルコールフリー、無香料、無着色で、
出しやすいポンプ式の容器に入っています。

1本200mlで出産までにはだいたい3本くらい使用するそうです。
お値段は1本6696円(税込)です。

気になる成分をご紹介します。

・シラノール誘導体
真皮に直接作用する成分で、世界的に妊娠線に対して使用されています。

・ビタミンC誘導体
コラーゲンの生成を促します。

・プエラリアミリフィカ
・コラーゲン
・ホホバ油
・スクワラン など

保湿力が高いため乾燥肌の方におすすめします。

普通の保湿剤、保湿クリームで妊娠線予防はできません!


イラスト


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために
生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで
浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。






そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。


海外では妊娠線対策に有名な成分なのですが、ココ最近日本でも注目されるようになりました。


ヒドロキシプロリシラン C N

アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン

などの表示名もシラノール誘導体のことです。

「シラノール誘導体」の効果
「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。

真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。


 そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです



シラノール誘導体は海外で妊娠線防止化粧品の有効成分としての使用実績があります。

下記は海外での研究結果の一例です。



http://www.biosiltech.com/sites/default/files/HydroxyprolisilaneCN.pdf



この論文では
Stretch marks(妊娠線)のある人や妊娠線予防を目的に

HYDROXYPROLISILANE C N(=シラノール誘導体のこと)が含まれたクリームを使用した所
79%の人が効果を実感したとという結果がでています。

要は
「シラノール誘導体」は肌の奥深いところから引き締めて潤いを与える成分です



保湿クリームやオイルは、肌の表面(角質層)をだけ保湿しますが、肌の奥には届きません。

でもシラノール誘導体なら肌の奥深くまで浸透するので、妊娠線対策として有効なのですね。

日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは
ベルタの妊娠線クリームとキャリネスボディクリームだけでした。

キャリネスボディクリームは6,696 円(税込)とよっとお高い・・



あとよくみるベルタのマザークリームは初回500円ですが、最低6回も定期購入
を継続する必要があります。



これだと結局負担が大きくなりますよね…


そこで色々な妊娠線クリームを探していたのですが、ママ友から教えてもらったのが
MONA MAMMYという妊娠線クリームです。

MONA MAMMY妊娠線クリームなら定期購入を1回目からやめられます。
あと休止もできるので、自分のペースで購入できます。

経済的なのが気に入りました♪



あともちろん「シラノール誘導体」が入っていますよ。




使ってみた感想としても、結構伸びがよいという質感です。
これなら1本で2ヶ月くらいもっています。
もちろんお腹以外にもいっぱい塗るとしたら1本1ヶ月以内になくなると思います。



私はお腹を重点的にケアしていますが、2,3ヶ月に1回1本注文という定期購入ペースでやっています。
(休止をいれて毎月購入しないようにしています)






妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。



妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。

ぜひ妊娠初期から始めてみることをおすすめいたします!



 >>「シラノール誘導体」が入った妊娠線予防クリーム


関連記事