人気の妊娠線を消すクリームはどれ?

Q.png妊娠線を消すクリームってどれが効果的でしょうか?色々と教えてほしいです。

私は出産を経験したことがないのですが、先日友達が子どもを産みました。
出産のお祝いに今度行く予定なのですが、入院中に妊娠線が出来てしまって、
困っていると話していました。

実際に、お腹にできた妊娠線を見せてもらったのですが、
縦に10本くらい赤紫の線が入っていて、とても痛々しかったです。

なので、友達に妊娠線を消すクリームをプレゼントしようと思ってます。
有名なメーカーや人気のあり商品ってありますでしょうか?

ちなみに、予算は5000円程度です。

妊娠線について、全く知識がないので何を基準に選んだら良いのか分かりません。
ご経験のある方、アドバイスをよろしくお願いいたします。

■妊娠線予防クリームはどう選ぶ?人気の妊娠線予防クリーム☆

妊娠線予防クリームはたくさん種類がありすぎて選ぶのが大変だと思います。
特に奥様やご友人にプレゼントされる場合、お相手の好みもありますし難しいですよね。
そこで今回は少しでも参考になるように人気の高い妊娠線予防クリームをご紹介します。

<キャリネス ボディクリーム>

自らも出産経験がある美容皮膚科医の監修のもと作られたドクターズコスメです。
マタニティ・ベビーケアに特化したブランドということもあり、信頼できます。

妊娠線に乾燥は大敵ですが、このキャリネス ボディクリームは保湿力の高さが魅力です。
夜に塗ると朝までそのうるおいが持続するという声もあります。
乾燥対策として、グリセリンやスクワラン、ホホバ油などが贅沢に配合されています。

また、伸びがいいのも特徴の一つで、すーっと楽に伸びるためストレスがありません。
1本200gと小さ目な容器ですが、平均して3~4本くらいで済みます。
値段は1本200gで6696円(税込)です。

妊娠線は真皮に亀裂が生じてできますが、外から塗るケアではなかなか真皮に
いい効果を及ぼすことが難しいという問題があります。

しかし、キャリネス ボディクリームに配合されているシラノール誘導体は
体内に必要なケイ素を肌のバリアを通過しやすくしたもので、真皮に直接作用し、
コラーゲンなどに作用して妊娠線をできにくくします。

シラノール誘導体は、

・コラーゲン同士の結びつきを強くし、弾力性を高める
・ケイ素として皮膚の中に留まり、形状保持を行う
・ケイ素の保水力により乾燥から細胞を守る
・老化の原因となるフリーラジカルを抑え、過酸化脂質を抑制する

などの効果があります。
妊娠線に対して有効な成分として日本だけでなく、世界的に注目されている成分です。

その他、プエラリアミリフィカ、ビタミンC誘導体などの美容成分も配合されています。

<オーガニックマドンナ ボディセラムスーペリア>

日本で初めて販売された国産の妊娠線予防クリームで今でも人気が高い商品です。
この商品はなんと95%がオーガニック成分で作られています。

香料は使用されていませんが、配合されているオーガニックレモンマートル油や
天然グレープフルーツ果皮油によりさわやかな香りがします。
においはないとは言えませんが、塗ってしばらくすると消えるようです。

オーガニック成分95%配合で安心の国産なのでおなかだけでなく顔や全身使えます。
また生まれてきた赤ちゃんの乾燥対策にもぴったりです。

配合されている成分はオーガニックのアルガンオイル、シアバター、ホホバオイルに加え、
グレープフルーツやオレンジなどの天然成分も配合されています。

オーガニック成分が多いため、クリームの硬さなどが変化することがありますが、
品質には問題ないようです。

美肌に効く最新の成分などは配合されていませんが、肌に優しい成分が豊富で、
保湿力がとても高くなっています。
朝と晩の1日2回の使用が望ましいですが、夜に塗ると朝でも十分潤っているようです。

べたつきが気になるかどうかは人それぞれのようなのでまずは少量タイプから
試してみるのがいいでしょう。

料金は140mlチューブで3,200円(税別)、450mlのポンプで7,600円(税別)です。

<ベルタ妊娠線クリーム>

他の妊娠線予防クリームと比べると歴史の浅いクリームですが、配合されている成分は
どれも厳選されたハイスペックなもので人気を集めています。
値段は少し高めですが、しっかりとケアしたい!という方におすすめです。

真皮に作用するシラノール誘導体を配合していることももちろんですが、
通常の2倍の保水力をもつスーパーヒアルロン酸、肌にやさしく上質な馬プラセンタ、
アレルギーを起こしにくいマリンコラーゲンの高品質な美容成分も贅沢に配合しています。

その他、ビタミン・アミノ酸を5種類、肌を若々しくさせる葉酸も配合しています。
配合されている成分は最強と言ってもいいでしょう。
それでいて、無香料、無着色、パラベンフリー、アルコールフリーなどの無添加です。

そして、妊娠・出産経験のある社員によるサポートも受けることができます。
携帯電話からもOKで通話料の気にならないフリーダイヤルなので安心して相談できます。

気になるお値段ですが、単品購入だと1本6980円(税込、送料無料)です。
だいたい1ヶ月で1本が目安のようです。

継続して利用される場合は定期便がお得です。
毎月1本、最低6ヶ月の継続が必要となりますが、1本4980円(税込、送料無料)です。
約29%お得になります。

また、ベルタでは妊娠中や妊活中に必要な成分を簡単に摂取することが可能な
デルタ葉酸サプリも販売しています。

妊娠前と妊娠初期は葉酸の摂取が胎児の正常な発達に重要とされており、
厚生労働省では一日400μgを推奨しています。

ベルタ葉酸サプリでは葉酸400μgに加え、女性に不足しがちな鉄やカルシウム、
さらにビタミン、ミネラル、野菜を配合しています。
妊娠初期や妊活中の方は葉酸のサプリメントは要チェックです。

普通の保湿剤、保湿クリームで妊娠線予防はできません!


イラスト


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために
生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで
浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。






そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。


海外では妊娠線対策に有名な成分なのですが、ココ最近日本でも注目されるようになりました。


ヒドロキシプロリシラン C N

アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン

などの表示名もシラノール誘導体のことです。

「シラノール誘導体」の効果
「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。

真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。


 そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです



シラノール誘導体は海外で妊娠線防止化粧品の有効成分としての使用実績があります。

下記は海外での研究結果の一例です。



http://www.biosiltech.com/sites/default/files/HydroxyprolisilaneCN.pdf



この論文では
Stretch marks(妊娠線)のある人や妊娠線予防を目的に

HYDROXYPROLISILANE C N(=シラノール誘導体のこと)が含まれたクリームを使用した所
79%の人が効果を実感したとという結果がでています。

要は
「シラノール誘導体」は肌の奥深いところから引き締めて潤いを与える成分です



保湿クリームやオイルは、肌の表面(角質層)をだけ保湿しますが、肌の奥には届きません。

でもシラノール誘導体なら肌の奥深くまで浸透するので、妊娠線対策として有効なのですね。

日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは
ベルタの妊娠線クリームとキャリネスボディクリームだけでした。

キャリネスボディクリームは6,696 円(税込)とよっとお高い・・



あとよくみるベルタのマザークリームは初回500円ですが、最低6回も定期購入
を継続する必要があります。



これだと結局負担が大きくなりますよね…


そこで色々な妊娠線クリームを探していたのですが、ママ友から教えてもらったのが
MONA MAMMYという妊娠線クリームです。

MONA MAMMY妊娠線クリームなら定期購入を1回目からやめられます。
あと休止もできるので、自分のペースで購入できます。

経済的なのが気に入りました♪



あともちろん「シラノール誘導体」が入っていますよ。




使ってみた感想としても、結構伸びがよいという質感です。
これなら1本で2ヶ月くらいもっています。
もちろんお腹以外にもいっぱい塗るとしたら1本1ヶ月以内になくなると思います。



私はお腹を重点的にケアしていますが、2,3ヶ月に1回1本注文という定期購入ペースでやっています。
(休止をいれて毎月購入しないようにしています)






妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。



妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。

ぜひ妊娠初期から始めてみることをおすすめいたします!



 >>「シラノール誘導体」が入った妊娠線予防クリーム


関連記事