何でもよくはない?妊娠線クリームを選ぶ際に避けたい成分

Q.png妊娠線予防クリームについて、教えてください。
妊娠してしばらくたつので、そろそろ妊娠線を予防するために、
保湿クリームを塗りはじめようかなと、思っています。調べてみると、妊娠線予防の専用クリームは基本高い金額でしたので、
ドラッグストアなどで売られている普通の保湿クリームを使おうと思っています。
普通の保湿クリームでも特に問題はないですよね?

普通の保湿クリームで妊娠線予防におすすめのクリームはありますでしょうか?
赤ちゃんに影響を与えないためにも、
「ホルモン剤」や「ステロイド剤」が入っていないクリームが良いとのことですが、
ご存知の方、実際に使っていたという方いらっしゃいますでしょうか。

ぜひ、みなさんのご意見をお聞かせください!
どうぞよろしくお願いいたします。

■妊娠線予防はどうする?

妊娠線は一度できてしまうと完全に治すことはできないと言われています。
なので、しっかりと予防したいですよね。

妊娠線予防で基本となるのはクリームやオイルなどを使った保湿です。
肌が乾燥すると妊娠線ができやすくなってしまうと言われているためです。

最近では妊娠線予防クリームがたくさん売り出されていますが、
専用のクリームは必ず使わなくてはいけないわけではありません。

妊娠線予防クリームは基本的に高いです。
もちろん高いなりの良さはあるのですが、保湿をすることに意味があるため、
市販のクリームでもよく、無理してまで使う必要はないです。

■妊娠中に使用を避けたい成分

妊娠線予防に使うクリームはもちろん好みで選んでいただいていいのですが、
普段肌が丈夫な方でも妊娠中は肌が敏感になり肌荒れを起こすことがあります。
また、肌に塗るだけといっても妊娠中は胎児への影響は気になりますよね。

ここでは、妊娠中に使用を避けた方がいい成分についてご紹介します。

・ステロイド剤

ちょっとした湿疹からアトピーの治療にも使用するステロイドですが、
多用すると妊娠線ができやすくなってしまいます。

実は妊娠中はホルモンバランスが変化し、ステロイドの分泌が増えます。
これによって肌が乾燥しやすくなったり、色素沈着しやすくなったりなど
妊娠中は妊娠線ができやすい身体になってしまいます。

妊娠線ができてしまうのは単におなかが大きくなるからだけではないのですね。
ホルモンは自分でなかなか調節できるものではないので仕方ない面もあります。

妊娠線予防目的で使用するクリームにステロイドが入っていることはきっとないでしょうが、
妊娠前に処方された湿疹に対するクリームがある場合、ステロイドの可能性があります。
もしかゆみなどがあってクリームを塗りたい場合は医師に相談しましょう。

また、副腎皮質ホルモンというのもステロイドの一種ですので気をつけましょう。

・ホルモン剤

ホルモン剤の内服と比べると塗り薬は胎児への影響は少ないかもしれませんが、
妊娠中の使用は控えた方がいいです。
とくに性ホルモンは注意です。

・トレチノイン、トルエン、ハイドロキノン、パラベン、サリチル酸

クリーム使用による胎児への影響は低いと考えられていますが、控えた方がいいでしょう。
これらの成分は化粧品に多く使用されています。
どうしても使用したい場合は医師に相談してください。

・アロマオイル

ペパーミント、ラベンダー、ローズマリー、ローズ、カモミール、イランイランなどの
アロマオイルも妊娠中の使用を控えた方がいいと言われています。

■市販のボディクリームでおすすめは?

専用の妊娠線予防クリームではなく市販のクリームを選ばれる理由として多いのが金額です。
妊娠線の予防には保湿が重要と言われており、値段を気にせずにたっぷり使用できる
市販のクリームは重宝しますよね。

そのような費用重視派に選ばれているのが、ニベアやジョンソン&ジョンソンのクリームです。
また、ワセリンを使用している方もいます。
ベビーオイルも人気があります。

そのようなドラッグストアやスーパーなどでも気軽に手に入り、かつ安いものの他に
おすすめなのは植物由来の成分でできたDELONのボディバターです。

ココナッツオイルやマンゴーカーネルオイル、オリーブオイルなどの植物由来のオイルは
肌になじみやすく、保湿力が高いのが特徴です。

また、16種類もあり、肌の状態や好みに応じて選ぶことができるのも魅力の一つです。
植物由来のオイルをベースとして、「ザクロ」にはザクロエキスを配合した
ブレンドレシピを取り入れているのが特徴です。

ベールとなっているオイルは今流行りのココナッツオイルが多いですが、
「マンゴー」はマンゴーカーネルオイルベース、
「オリーブ」と「アジアンリリー」はオリーブオイルベースです。

人気No.1はオリーブです。

1つ196gで1080円(税込)と値段もそこまで高くないので興味がある方は
一度試してみてはいかがでしょうか。

■スキンケア以外でも妊娠線対策!

妊娠線予防ではついついスキンケアを重視しがちですが、一番大事なのは
体重をコントロールすることかもしれません。

妊娠線はおなかが急激に大きくなり、真皮や皮下組織に亀裂が入ることによりできます。
つまり、妊娠中だから・・・とついつい食べ過ぎてしまい体重が増えすぎると
当然おなかも大きくなり妊娠線もできやすくなってしまいます。

最近は昔よりも病院で体重管理について指導されると思います。
それは妊娠線予防のためとして言われるわけではないのですが、
妊娠中の体重増加は10kg以内には抑えるようにしましょう。

普通の保湿剤、保湿クリームで妊娠線予防はできません!


イラスト


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために
生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで
浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。






そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。


海外では妊娠線対策に有名な成分なのですが、ココ最近日本でも注目されるようになりました。


ヒドロキシプロリシラン C N

アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン

などの表示名もシラノール誘導体のことです。

「シラノール誘導体」の効果
「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。

真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。


 そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです



シラノール誘導体は海外で妊娠線防止化粧品の有効成分としての使用実績があります。

下記は海外での研究結果の一例です。



http://www.biosiltech.com/sites/default/files/HydroxyprolisilaneCN.pdf



この論文では
Stretch marks(妊娠線)のある人や妊娠線予防を目的に

HYDROXYPROLISILANE C N(=シラノール誘導体のこと)が含まれたクリームを使用した所
79%の人が効果を実感したとという結果がでています。

要は
「シラノール誘導体」は肌の奥深いところから引き締めて潤いを与える成分です



保湿クリームやオイルは、肌の表面(角質層)をだけ保湿しますが、肌の奥には届きません。

でもシラノール誘導体なら肌の奥深くまで浸透するので、妊娠線対策として有効なのですね。

日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは
ベルタの妊娠線クリームとキャリネスボディクリームだけでした。

キャリネスボディクリームは6,696 円(税込)とよっとお高い・・



あとよくみるベルタのマザークリームは初回500円ですが、最低6回も定期購入
を継続する必要があります。



これだと結局負担が大きくなりますよね…


そこで色々な妊娠線クリームを探していたのですが、ママ友から教えてもらったのが
MONA MAMMYという妊娠線クリームです。

MONA MAMMY妊娠線クリームなら定期購入を1回目からやめられます。
あと休止もできるので、自分のペースで購入できます。

経済的なのが気に入りました♪



あともちろん「シラノール誘導体」が入っていますよ。




使ってみた感想としても、結構伸びがよいという質感です。
これなら1本で2ヶ月くらいもっています。
もちろんお腹以外にもいっぱい塗るとしたら1本1ヶ月以内になくなると思います。



私はお腹を重点的にケアしていますが、2,3ヶ月に1回1本注文という定期購入ペースでやっています。
(休止をいれて毎月購入しないようにしています)






妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。



妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。

ぜひ妊娠初期から始めてみることをおすすめいたします!



 >>「シラノール誘導体」が入った妊娠線予防クリーム