セルフケアから美容外科まで!できるだけ妊娠線を消す方法

Q.png先日、無事出産をしました!
ほっとしたのもつかの間・・・妊娠線が出来ていて、ショックを隠し切れません。
妊娠線を消す方法ってあるのでしょうか?縦にいがいがした線がたくさん入っていて、でこぼこしていますし、
赤みがあり、見るに堪えないです。
一応、妊娠線予防のクリームを塗っていたのですが、なぜでしょうか。

効果が期待できるケア用品、レーザー治療など教えてください。
おすすめの皮膚科や美容整形外科、エステなどなど、
お腹にできたでこぼこを解消し、妊娠前の何もなかった肌に戻す方法が知りたいです。

実際に、妊娠線が出来てしまったけれども、
きれいに消すことができた!という成功体験のある方からのアドバイス、
お待ちしております!少しでも、この妊娠線が消えたら、嬉しいです。
どうぞ、よろしくお願いします

■できてしまった妊娠線への対処法

ちゃんとケアしていたつもりでも妊娠後期にぱっと妊娠線ができてしまうことがあります。
現段階では妊娠線を完璧に防ぐ方法は見つかっておらず、頑張って予防しても
妊娠線ができてしまう人がいる状況です。

妊娠線ができてしまったらもう何もできないのではありません。
できてしまった妊娠線もケアすることでできる限り薄く目立たなくすることができます。

ここでは自宅でできるセルフケアから美容外科で行われる最新の治療まで
できてしまった妊娠線への対処法をご紹介します。

■気軽に始められる妊娠線ケア

まずは自宅でできるケアについてです。
妊娠線予防として保湿はとても大切ですが、できてしまった妊娠線にも保湿は重要です。

具体的な方法としては、まずは適当な保湿剤(クリーム、オイル、ローションなど)を用意します。

使用する保湿剤は好きなもので構いませんが、オイルは油分のみをローションは水分のみを
補うことになるので水分と油分を両方補うことができるクリームが一番いいです。

また、妊娠線専用のクリームだと肌の奥にまで浸透する成分であったり、
顔用の高級美容成分が配合されていたり、と高い効果が期待できるでしょう。

真皮にも作用する注目の成分「シラノール誘導体」を配合しているベルタ妊娠線クリームを使い、
1年かかると言われていた妊娠線が7ヶ月で良くなったという方もいます。

クリームなどを用意したら後は1日2回を目安に塗るだけです。
塗った後にマッサージするとより効果的ですが、商品の中にはマッサージ不要のものもあります。

セルフケアは気軽に始められる一方で日々の積み重ねが重要になります。
良いクリームを使用してもたまにしか塗らないと効果は出にくいです。

■クリニック品質の妊娠線クリーム!

セルフケアが続かない方や一歩進んだケアを行いたいという方におすすめなのが
美容皮膚科や美容外科で取り扱っている医療用の妊娠線クリームです。

美容皮膚科にかかることになりますが、基本的にはクリームを自宅で塗るだけなので、
そこまで通院の負担はありません。
医師に診てもらうためセルフケアしているだけよりは続きやすいというメリットがあります。

また医療用ということで市販されているものよりも効果の高いものになっています。
シルダームは妊娠線予防・修復クリームで、妊娠線のくぼみ、色、長さを改善します。

治療は1日2回、2ヶ月を基本とします。
モニター調査では約1~2ヶ月で妊娠線に対する効果が実感できるようです。

1本で2ヶ月程度もち、1本は12000円です。
市販されている妊娠線予防クリームよりも高いですが、クリニック品質のため
高い効果が期待できます。

美容外科で手術等をするまでではないけど綺麗にしたいという方におすすめです。

■最新の機器を使って日帰りで治療!

肌にハリを取り戻すための治療としてレーザーなどが用いられていますが、
妊娠線に対してもレーザーなどは有効です。

妊娠線は真皮のコラーゲンなどが壊れている状態ですので、コラーゲンを修復したり、
コラーゲンを増やしたりということが必要になります。

レーザーによる治療は基本的には熱刺激を皮膚に与え、これによる修復を促すことで
肌を活性化させコラーゲンなどを増やすという治療になります。

レーザーを当てて効果が出てほしいのは真皮ですが、従来のレーザーは皮膚の上から
ビームを照射していたため表皮へのダメージが問題でした。

その後に登場したフラクショナルレーザーは細かいレーザービームを肌の上から
照射することで表皮へのダメージを軽減しましたが、それでも表皮へのダメージは多少あります。

表皮へのダメージがあると赤みが出たり、メイクができなかったりと
日常生活に支障がでてしまいます。

そして最近登場したのがイントラセルなどの機器です。
イントラセルは極細針を肌に刺し、その先端のみからラジオ波を照射します。
そうすることで狙った真皮にだけ熱刺激を与えることができ、表皮への熱ダメージはありません。

また、ラジオ波はレーザーよりも熱エネルギーが高いためより効果が期待できます。
さらに嬉しいのがイントラセルは一回受けると一定の効果が期待できます。
多くの施術は何回か繰り返さないと効果が実感できないのでこれはうれしいですね。

■難治例には美容外科的な治療も

妊娠線がとても深くできていたり、できている範囲が広い等でなかなか改善が難しい場合、
美容外科的な治療も選択肢になってきます。

一つ注意していただきたいのは、たとえ手術を行っても完全に綺麗になるのではなく、
今ある跡をぼかしたりすることによって目立たなくする治療であるということです。
手術するからといって完全に消えるわけではないのです。

美容外科での施術にはいろいろありますが、高須クリニックで行われている
「腹リダクション」という治療はおなかのたるみを取るのと同時に妊娠線も治療できます。

この治療では脂肪をたるんでいる皮膚ごと切除します。
その際に妊娠線などの傷あとがある皮膚を一緒に切除することができます。

しかし、切除後の縫合の跡は多少残ります。

普通の保湿剤、保湿クリームで妊娠線予防はできません!


イラスト


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために
生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで
浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。






そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。


海外では妊娠線対策に有名な成分なのですが、ココ最近日本でも注目されるようになりました。


ヒドロキシプロリシラン C N

アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン

などの表示名もシラノール誘導体のことです。

「シラノール誘導体」の効果
「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。

真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。


 そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです



シラノール誘導体は海外で妊娠線防止化粧品の有効成分としての使用実績があります。

下記は海外での研究結果の一例です。



http://www.biosiltech.com/sites/default/files/HydroxyprolisilaneCN.pdf



この論文では
Stretch marks(妊娠線)のある人や妊娠線予防を目的に

HYDROXYPROLISILANE C N(=シラノール誘導体のこと)が含まれたクリームを使用した所
79%の人が効果を実感したとという結果がでています。

要は
「シラノール誘導体」は肌の奥深いところから引き締めて潤いを与える成分です



保湿クリームやオイルは、肌の表面(角質層)をだけ保湿しますが、肌の奥には届きません。

でもシラノール誘導体なら肌の奥深くまで浸透するので、妊娠線対策として有効なのですね。

日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは
ベルタの妊娠線クリームとキャリネスボディクリームだけでした。

キャリネスボディクリームは6,696 円(税込)とよっとお高い・・



あとよくみるベルタのマザークリームは初回500円ですが、最低6回も定期購入
を継続する必要があります。



これだと結局負担が大きくなりますよね…


そこで色々な妊娠線クリームを探していたのですが、ママ友から教えてもらったのが
MONA MAMMYという妊娠線クリームです。

MONA MAMMY妊娠線クリームなら定期購入を1回目からやめられます。
あと休止もできるので、自分のペースで購入できます。

経済的なのが気に入りました♪



あともちろん「シラノール誘導体」が入っていますよ。




使ってみた感想としても、結構伸びがよいという質感です。
これなら1本で2ヶ月くらいもっています。
もちろんお腹以外にもいっぱい塗るとしたら1本1ヶ月以内になくなると思います。



私はお腹を重点的にケアしていますが、2,3ヶ月に1回1本注文という定期購入ペースでやっています。
(休止をいれて毎月購入しないようにしています)






妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。



妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。

ぜひ妊娠初期から始めてみることをおすすめいたします!



 >>「シラノール誘導体」が入った妊娠線予防クリーム


関連記事