ヒルドイドクリームで妊娠線を予防しても大丈夫?

Q.png現在、妊娠中です。
看護師さんに「妊娠線ができないように毎日入念に保湿するのよー!」
と言われてから、妊娠線ができないように毎日欠かすことなく、
ヒルドイドローションをお腹に塗りこんでいます。ヒルドイドローションには皮膚の保湿作用があり、
皮膚の乾燥を軽減する作用があると聞きました。
ヒルドイドローションは胎児に影響を与えるのでしょうか。
先日、皮膚炎やかゆみ、発赤、発疹、などの副作用が出来ることがあると耳にしました。
またヒルドイドで保湿すことで妊娠線の予防になるのでしょうか?
ずっと、ヒルドイドローションを使っていた方いらっしゃいますでしょうか?ご経験のある方、詳しい方、ぜひ情報をください!
よろしくお願いいたします。

■乾燥は妊婦さんの敵!

乾燥肌の女性は多いですが、妊娠中はホルモンの影響もあり特に乾燥しやすくなります。
実は乾燥すると妊娠線ができやすく、残りやすくなります。
そのため、妊娠線予防には乾燥対策が必須となっています。

普段乾燥しない人も妊娠中は保湿が必要ですし、元々乾燥肌の人はさらに保湿が必要です。

■ヒルドイドとは

ヒルドイドは肌に潤いを与える成分です。
主な成分はへパリン類似物質となっています。
ヒルドイドの作用には以下のようなものがあります。

・肌にうるおいを与える、持続させる
・血行をよくする
・傷を早く治す
・うっ血を防ぐ
・血が固まるのを防ぐ

ヘパリンは血をさらさらにするために現在でも医療現場で用いられている薬です。
ヒルドイドも血をさらさらにして血流を良くする効果があります。
また、それだけでなく皮膚に潤いを与えるため乾燥肌にいいです。

■ヒルドイドクリームは何に使う?

血流を良くしたり、保湿効果があるヒルドイドはどんなときに使うのでしょうか。

ヒルドイドにはクリームや軟膏、ローションがあります。
基本的には医師の処方が必要となるため、誰でも購入できるわけではありません。

逆に言えば医師から処方されれば保険の適応となります。
保健適応の場合、1本200円程度で手に入ります(初診料などは別で必要)。

ヒルドイドクリームが処方されるのは、乾燥が気になるときです。
じんましんやアトピーに対しても処方されます。
妊娠中にお腹がかゆくなって処方された方もいるそうです。

■ヒルドイドクリームで妊娠線は予防できるのか

ヒルドイドで妊娠線を予防することができるのでしょうか。
先ほど紹介した通り、ヒルドイドには肌の乾燥を防いだり、傷を早く治したり、
血行を良くしたりなどの効果があります。

そのため妊娠線ができないための要素、「保湿」には一定度の効果はありそうです。

■ヒルドイドクリームの安全性

ヒルドイドクリームを妊娠中に塗っても胎児に影響はないのでしょうか。

ヒルドイドクリームの説明書きには妊婦さんや妊娠の可能性のある人は
使用してはいけないという記載はありません。
しかし、これは安全という意味ではなく、影響が検討されていないという意味らしいです。

とはいえ塗り薬が胎児へ与える影響はほとんどないと言われていますし、
ヒルドイドクリームの作用上、経皮吸収されて胎児へ移行する頃にはもう
血栓などを溶かすのに使われてしまい、有効成分はほとんど残っていないでしょう。

皮膚科の医師から妊娠中に処方された方もいます。
胎児への影響は気にしなくて良さそうです。

あとおそらく大丈夫だとは思うのですが
ヒルドイドクリームには、「ラノリン」という成分が含まれています。
この「ラノリン」は、かぶれが起きる可能性があることがわかっているそうです。

私も妊娠線予防に塗っていたのですが結構痒くなるので途中でやめてしまいました。
もしたらこのラノリンが原因だったのかも。。と今では思っています。

■ヒルドイドクリームはどうやって手に入れる?

先述の通り、ヒルドイドクリームは医師の処方箋がないと購入できません。
手に入れるにはどうすればいいでしょうか。

手っ取り早いのは皮膚科へ行き、乾燥肌のため塗り薬が欲しいと訴えることです。
これで基本的には処方していただけると思います。

乾燥肌の徴候が無い方や病院に行く時間のない方は類似成分の商品の購入という手もあります。

市販されているもので代表的な商品は小林製薬が販売している「アットノン」です。
アットノンにもヒルドイドクリームと同じヘパリン類似物質が配合されています。
病院で処方してもらうよりも値段は高いですが、気軽に試せるというメリットがあります。

■ヒルドイドクリームを使わない方がいい人

ヒルドイドクリームを安易に自己判断で使わない方がいい人がいます。
ヒルドイドクリームにはヘパリン類似物質が配合されています。

先述の通りヘパリンは血液をさらさらにする効果があるため、
血の固まりにくい方は自己判断で塗ることはやめた方がいいです。
具体的には血友病や血小板減少症の方などです。

また、皮膚と違って粘膜は薬剤を吸収しやすくなっています。
上記の病気をお持ちでない方も粘膜(口、鼻、膣など)に塗ることはやめましょう。

■妊娠線予防に大事なことは?

今回は妊娠線予防に有効なアイテムとしてヒルドイドクリームをご紹介しました。
ヒルドイドクリームは保湿だけでなく、肌を柔らかくする効果があり、保湿という面では効果ありでしょう。

しかし、医師の処方が必要ということもあり、購入できない人もいるでしょう。
市販のものでも代用ができるとはいえ保険が効かないため、毎日の使用となると
結構なお金がかかってしまいます。

妊娠線対策として保湿だけでは実は不十分です。
ヒルドイドだけで保湿ではできる。
ヒルドイドには美容成分が入っていません。

保湿だけして妊娠線ができなかったら苦労しないですよね?
実際に保湿していても妊娠線ができていまった、という人は私の周りにも結構します。

普通の保湿剤、保湿クリームで妊娠線予防はできません!


イラスト


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために
生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで
浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。






そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。


海外では妊娠線対策に有名な成分なのですが、ココ最近日本でも注目されるようになりました。


ヒドロキシプロリシラン C N

アスパラギン酸メチルシラノールヒドロキシプロリン

などの表示名もシラノール誘導体のことです。

「シラノール誘導体」の効果
「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。

真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。


 そのためコラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです



シラノール誘導体は海外で妊娠線防止化粧品の有効成分としての使用実績があります。

下記は海外での研究結果の一例です。



http://www.biosiltech.com/sites/default/files/HydroxyprolisilaneCN.pdf



この論文では
Stretch marks(妊娠線)のある人や妊娠線予防を目的に

HYDROXYPROLISILANE C N(=シラノール誘導体のこと)が含まれたクリームを使用した所
79%の人が効果を実感したとという結果がでています。

要は
「シラノール誘導体」は肌の奥深いところから引き締めて潤いを与える成分です



保湿クリームやオイルは、肌の表面(角質層)をだけ保湿しますが、肌の奥には届きません。

でもシラノール誘導体なら肌の奥深くまで浸透するので、妊娠線対策として有効なのですね。

日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは
ベルタの妊娠線クリームとキャリネスボディクリームだけでした。

キャリネスボディクリームは6,696 円(税込)とよっとお高い・・



あとよくみるベルタのマザークリームは初回500円ですが、最低6回も定期購入
を継続する必要があります。



これだと結局負担が大きくなりますよね…


そこで色々な妊娠線クリームを探していたのですが、ママ友から教えてもらったのが
MONA MAMMYという妊娠線クリームです。

MONA MAMMY妊娠線クリームなら定期購入を1回目からやめられます。
あと休止もできるので、自分のペースで購入できます。

経済的なのが気に入りました♪



あともちろん「シラノール誘導体」が入っていますよ。




使ってみた感想としても、結構伸びがよいという質感です。
これなら1本で2ヶ月くらいもっています。
もちろんお腹以外にもいっぱい塗るとしたら1本1ヶ月以内になくなると思います。



私はお腹を重点的にケアしていますが、2,3ヶ月に1回1本注文という定期購入ペースでやっています。
(休止をいれて毎月購入しないようにしています)






妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。



妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。

ぜひ妊娠初期から始めてみることをおすすめいたします!



 >>「シラノール誘導体」が入った妊娠線予防クリーム