原因は何?妊娠中のお腹の痒みへの対処法

Q.png私は、現在妊娠8か月目です。
最近、やたらお腹がかゆいです。
我慢できず、ついついポリポリと掻いています。赤くはれてしまうし、ひどい時は血が出るくらい掻いています・・・。
結構、強く掻いているのですが、赤ちゃんへの影響は特にないのでしょうか。

ちょっと気になったので、質問させていただきました。
外で起こっていることも、赤ちゃんには伝わっている。とよく聞くので、
お腹を強く掻いて、赤ちゃんが嫌がっていないかな?とか、
迷惑だと思っていないかな?と気になっています。

なぜ、こんなにお腹がかゆくなるのでしょうか?
病院の先生にはまだ相談していないのですが、ちゃんと診てもらって
薬などを処方してもらった方が良いのでしょうか。

ご経験のある方、お詳しい方、ぜひアドバイスをください!
どうぞよろしくお願いいたします。

■妊娠中にかゆみを引き起こす病気には何がある?

妊娠中に新たに痒みを引き起こす病気として多いのは以下の3つです。

・妊娠性皮膚掻痒症(にんしんせいひふそうようしょう)
かゆみはあるものの、発疹はないかごく軽症の場合、妊娠性皮膚掻痒症が考えられます。
その特徴は、

・初産から起きやすい
・妊娠初期から起きる
・目立った発疹はない

などがあります。

妊娠性皮膚掻痒症の原因は妊娠による体の変化と考えられています。
妊娠すると女性ホルモンの分泌が増え、相対的に男性ホルモンが少なくなります。
そうすると皮脂の分泌が減り、肌が乾燥しやすくなり痒みが生じます。

また、妊娠中は腹部の臓器が圧迫されます。
肝臓の下にある胆嚢も下から圧迫され、胆汁の流れが悪くなり、ビリルビンが溜まります。
ビリルビンは肝臓の病気でも上昇しますが、溜まるとかゆみを引き起こします。

妊娠性皮膚掻痒症は出産して24時間以内に軽快することが多く、悪い病気ではないですが、慢性腎不全、肝臓病、糖尿病、悪性リンパ腫、精神神経疾患などが隠れていることがあり、
一度病院に行くことをおすすめします。

治療法としてはまず、保湿をすることが大事です。
痒みが強い場合はかゆみ止めを使用することもあります。

・妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)
かゆみを伴う発疹がある場合、妊娠性痒疹が選択肢に挙がります。

その特徴は、

・2回目以降の妊娠で起きやすい
・妊娠初期から中期で発症
・四肢から体幹に紅斑が広がっていく
・強いかゆみがある

などがあります。

・PUPPP(pruritic urticarial papules and plaques of pregnancy)

PUPPPには日本語名がなく、妊娠性痒疹より認知度が低いです。
妊娠性痒疹の発症が遅いものと考えられています。

その特徴は、
・初産で起きやすい
・妊娠後期で発症
・腹部を中心に紅斑が広がる
・強いかゆみがある

などがあります。

妊娠性痒疹もPUPPPも詳しい原因は明らかになっていません。
治療法はどちらも同じで、胎児への影響が少ないステロイドの塗り薬が第一選択です。
どちらも出産後に軽快することがほとんどです。

重症例を除いて胎児への影響はほとんどありませんが、強い痒みにより
ストレス、睡眠不足があると胎児に悪影響が出ることがあります。
かゆみへの早めの対処が必要です。

■肌に合わない妊娠線予防クリームに注意!

先ほどご紹介した病気以外で痒みを生じる原因としてかぶれがあります。
妊娠中は肌が敏感になり普段平気だったものにもかぶれる可能性があります。

特に注意していただきたいのは妊娠線予防クリームです。
妊娠線の予防には保湿が大切であるためたっぷりと塗っている方もいると思います。

しかし、肌に合わない妊娠線予防クリームはかゆみをもたらします。
かゆみが出て掻きむしってしまうと二次性に発疹が出てしまい、色素沈着する恐れがあります。

そのため、肌に合わない妊娠線予防クリームは逆効果です。
妊娠線予防クリームを塗り始めてから痒みが出たら一度使用をやめて様子をみるといいでしょう。

■我慢できないかゆみが出たらまずすることは?

妊娠中に体がかゆいと感じたときにどうすればいいでしょうか。
一番安心なのは医師に相談することです。
相談するのは産婦人科の先生でも皮膚科の先生でも構いません。

妊娠中の母体にしたことは少なからず胎児へ影響することがありますので、
自分の判断だけで対処することはあまり望ましくありません。
特に自分で選んで市販薬を使用することはやめましょう。

病院で相談すると赤ちゃんへの影響の少ない薬がもらえます。
(重症の場合は赤ちゃんへの影響も考えつつ強い薬を使うこともあります。)

よほどの重症例でない限り何も治療しなくても赤ちゃんへの影響はありません。
なので、痒みが我慢できるようであったら急いで病院にいく必要はないでしょう。

しかし、痒みのせいでよく眠れなかったり、かゆみによるストレスが強い場合は、
母体にも胎児にもよくないので早めの受診が望ましいです。

■痒みが強すぎて辛いときは

多くの場合、出産すると痒みは良くなります。
出産までの辛抱です。

また、病院に行くとかゆみ止めの薬をもらうことができます。
薬は赤ちゃんへの影響が怖くて使いたくないと思われるかもしれませんが、
塗り薬はほとんど赤ちゃんへの影響はないと考えられています。

妊娠初期は身体の大事な部分ができている時期であるため、薬などの影響が出やすいですが、
出産が近づくにつれて身体の大事な部分が完成していくため薬の影響は少なくなります。

むしろ痒みを我慢しているストレスの方が赤ちゃんにとっては問題のこともあります。
辛いときは薬に頼ることも必要です。

お腹が痒い!妊娠後期のかゆみについて

Q.png現在、妊娠8か月目の妊娠後期です。
初めての妊娠なのですが、最近とにかくお腹が痒い!!
これ、どうにかならないのでしょうか?最近、さらに乾燥してきて、お腹の痒みがひどくなっている気がします。
毎日、昼と晩に妊婦用の保湿クリームをぬっています。
掻くのもよくないと思うので、起きているときは頑張って我慢しているのですが、
どうやら寝ている時に無意識のうちに掻いてしまっているようで、
赤くなったり、薄皮がめくれたりしています。

もうこれ以上痒いのも我慢できませんし、妊娠線が出来るのではないかも心配です。
皆さんはどのような対策をしていますか?
この痒みを抑える方法を知りたいです!!

みなさんのアドバイスお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

■妊娠中にお腹がかゆくなる原因は?

妊娠中にお腹に痒みを感じる人は少なくありません。
お腹がかゆくなってしまう原因は何なのでしょうか。

特に妊娠中期から後期にかけて発疹はでないにもかかわらず強い痒みをもたらすものに
妊娠性皮膚掻痒症(にんしんせいひふそうようしょう)という病気があります。
原因には以下のものがあります。

・乾燥
妊娠中はホルモンの影響で普段よりも肌が乾燥します。
肌の乾燥が進むと痒くなってしまいます。
妊娠線予防クリームを塗り始めてから乾燥が改善され痒みがなくなったという方もいます。

・胆嚢が圧迫される
胆嚢は胆汁を溜めておく袋のようなものです。
妊娠してお腹が大きくなるとお腹の臓器が圧迫されます。

腹部では比較的上の方にある胆嚢も圧迫されてしまい、胆汁の流れが悪くなります。
そうするとビリルビンという物質が溜まり、痒みが生じます。

・皮膚が伸ばされる
特に妊娠後期は赤ちゃんが急速に成長し、それに伴ってお腹も一気に大きくなります。
肌が引き延ばされるため、痒みを生じやすいようです。

また、妊娠線予防で塗っているクリームなどでかぶれて痒みが出ることがあります。
妊娠線予防クリームを塗り始めた時期と痒みが出始めた時期が一致する場合は、
一度クリームの使用を中止し様子をみるのもいいでしょう。

■妊娠中にかゆみを引き起こす病気

先ほどご紹介した妊娠性皮膚掻痒症は発疹がなく分娩後にはかゆみがなくなるという
比較的軽症の病気ですが、妊娠中にかゆみをもたらす病気は他にもあります。

・妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)
かゆみを伴う発疹がある場合、考えられるのは妊娠性痒疹です。
妊娠性痒疹は早期型と後期型の二つに分けられますが、後期型はPUPPPと呼ばれます。

早期型の特徴は、
・2回目以降の妊娠で起きやすい
・妊娠初期から中期で発症
・四肢から体幹に紅斑が広がっていく
・強いかゆみがある
などがあります。

・PUPPP(pruritic urticarial papules and plaques of pregnancy)

PUPPPには日本語名がなく、妊娠性痒疹より認知度が低いです。

特徴は、
・初産で起きやすい
・妊娠後期で発症
・腹部を中心に紅斑が広がる
・強いかゆみがある
などがあります。

妊娠性痒疹もPUPPPも詳しい原因は明らかになっていません。
治療法はどちらも同じで、ステロイドの塗り薬が第一選択です。
どちらも出産後に軽快します。

重症例を除いて胎児への影響はほとんどありませんが、強い痒みにより
ストレス、睡眠不足があると胎児に悪影響が出ることがあります。
かゆみへの適切な対処が必要です。

■かゆみへの対処法

妊娠中にかゆみを感じた場合、一番良いのは自己判断で対処するのではなく
医師(産婦人科、皮膚科)に相談することです。

病院では基本的に乾燥を和らげるクリームや軟膏、ステロイドの塗り薬が処方されます。
重症例ではステロイドの内服や抗ヒスタミン薬が処方されることがあります。

基本的に塗り薬による胎児への影響はほとんどないので心配しなくて大丈夫です。
内服も妊娠後期であればほとんど影響がないと考えられています。

最初に相談するのは産婦人科になることが多いかもしれませんが、産婦人科でもらった薬を
皮膚科の先生に見せたら全く反対の効果の薬でびっくりされた、という方もいます。

稀なケースだと思いますが、皮膚のことは皮膚科の先生に聞くのが一番かもしれません。

また、乾燥がかゆみを引き起こしていることも多いです。
病院にすぐ行くことができない場合は保湿をしておくと痒みが和らぐかもしれません。
ただし、肌に合わないものを塗るのは禁物です。

■発疹の痕は残るのか

痒みが強いといけないとわかっていても血が出るまでかいてしまうこともあるでしょう。
痕が残るかもしれないと後から後悔という人はいらっしゃると思います。

結論から言いますと、痕が残るかどうかは個人差があるようです。
出産してから1ヶ月ほどで痕が消えたという方もいますし、色素沈着した人もいます。

とはいえ、全く掻かないでいるのと激しく掻いたのでは痕の残る確率は違います。
なるべく早くかゆみへの対処をすることをおすすめします。

また、掻きむしってしまったところは皮膚が薄くなり乾燥しやすくなります。
乾燥していると妊娠線もできやすくなってしまいます。
掻いてしまったところは肌を刺激しないもので保湿をするようにするといいでしょう。

■出産すれば痒みは消える?

とにかく痒くてこの痒みからいつ解放されるの!?という方もいるでしょう。
妊娠したことによって生じるようになった痒みは基本的に出産後になくなります。

稀に産後も痒みが消えないという人もいますが、妊娠中より痒みは少なくなるようです。

太ももにできた妊娠線にも!妊娠中からケアを始めよう

Q.png妊娠線がなんと太ももに出来てしまいました!
時間が経てば、妊娠線は薄くはなるのでしょうか?お腹だけかと思っていたのですが、なんと太ももの前面に付け根から
10cmくらいと広い範囲でびりびりと縦に裂けたようなピンクだったり紫色だったり、
といった妊娠線が出来てしまいました。

お腹は出来ても仕方がないかな。と少しあきらめていましたが、
(普段は隠れるところですし。)さすがに太ももは夏になると露出するところですし、
なんとかしたいです!

今は出来たてだからか、少し痛々しいです。
消えることはないそうですが、時間が経てば、
薄くなって目立たなくはなるのでしょうか?

私みたいに、太ももに出来たことがある方いますか?
ぜひ、お勧めの方法を教えてください。
アドバイスをよろしくお願いいたします。

■妊娠線は真皮・皮下組織のダメージによってできる!

妊娠線は一度できたら完全に治ることはないと言われています。
いったいそれはなぜでしょうか?

妊娠線は体重増加などによって皮膚が過剰に伸ばされ、、真皮や皮下組織に
亀裂が生じることによってできます。

肌の表面にある表皮は伸びやすいのですが、その下にある真皮や皮下組織は伸びにくく、
過剰な進展に耐えることができません。

真皮や皮下組織は表皮ほど再生が行われず、一度亀裂が生じると瘢痕化し、ずっと残ります。
だから妊娠線は一度できたら治らないと言われています。

■妊娠線は出産後に見た目が変化する

妊娠線は完全に予防することができないと言われています。
にもかかわらずデータによって異なるものの、妊婦さんの半数以上に妊娠線ができます。

そんなとても厄介な妊娠線ですが、実は妊娠中と出産後では見た目が違います。

妊娠中の妊娠線は「新妊娠線」とも呼ばれる出来立ての妊娠線です。
この頃は下にある毛細血管が透けて赤紫色をしています。
そのため、とても目立つので見つけたときはみなさんとてもショックだと思います。

出産後に妊娠線は瘢痕化し、「旧妊娠線」と呼ばれるものになります。
肌の色に近くなりますが、でこぼこしていて、へこんでいる部分は少し光沢があり、
よく見ると妊娠線がそこにあることはわかりますが、新妊娠線より目立たなくなります。

なので、現在妊娠中で、妊娠線ができてしまって落ち込んでいる方も
出産後は今よりずっと目立たなくなるので少し気を楽にしてくださいね。

■妊娠線はどこにできる?

妊娠線は皮膚が過剰に伸ばされることによってできるため、お腹だけではなく、
妊娠中に皮膚が伸ばされる場所であればどこにでもできる可能性があります。

頻度別にみていくと、下腹部が圧倒的に多くほとんどの方が下腹部にできています。
その次に多いのは上腹部で、太もも、胸、お尻、ふくらはぎの順になります。

胸やふくらはぎにできるというのは意外かもしれませんね。
他にも足の付け根や二の腕にできる方もいます。

■できてしまった妊娠線を薄くするためには

一度できてしまった妊娠線は完全には治らないと言われていますが、薄くすることができます。
ここでは美容皮膚科などに頼らず、セルフケアで改善する方法をご紹介します。

妊娠線を改善する方法・・・それは保湿とマッサージです。

肌が乾燥していると肌荒れを引き起こし、さらに妊娠線が悪化することもあります。
また乾燥している肌では肌の再生は進みません。
そのため、十分な保湿が必要です。

マッサージには血行を促進する効果があります。

保湿に使うものは肌に合ったものを選ぶのが一番ですが、おなかと顔の皮膚は
厚みなどが異なるためできれば顔用のものではなく、おなか用のものを用意した方が効果的です。

■食事にも気をつけよう

妊娠線を悪化させないもしくは改善するためには食べ物も重要です。
というのも肥満によって肉割れができてしまうのと同じで妊娠線も体重増加によって
できやすくなってしまうからなのです。

また、肌の調子がよくないと妊娠線もできやすくなってしまいます。

妊娠線対策におすすめの食事は和食です。
和食は野菜や豆類を多く使用し、低カロリーで食物繊維豊富なメニューがたくさんあります。

もちろん和食以外でも、緑黄色野菜、豆類、海藻、魚、肉などをバランスよく使った
メニューであれば構いません。

おすすめの食材は、植物性のタンパク質が摂れる大豆製品や低カロリー高タンパクなささみです。

基本的には低カロリーな食事にすればいいですが、妊娠中の方は赤ちゃんのためにも
栄養バランスを考えたメニューがいいでしょう。

■妊娠線に効果がありそうなサプリメント

ここでは、妊娠線に効きそうなサプリメントをご紹介します。

・ビタミンC
ビタミンCにはコラーゲンを生成させる作用があります。

・コラーゲン
コラーゲンを摂取するのもいいでしょう。

・葉酸
細胞分裂を活発にし、肌を生き生きとさせます。

必ず効果が出るというわけではありませんが、ぜひ試してみてください。

■妊娠線予防に一番大事なのは体重管理?

妊娠線のできる確率をかなり上げる要素があります。
それは体重増加です。

体重増加するとどうしても腹囲やヒップなどが大きくなってしまい、その結果、
耐えられなくなった皮膚に妊娠線ができてしまいます。

皮膚の伸びやすい体質の人であっても体重増加が大きければ当然妊娠線はできやすくなります。
なので、第一子で妊娠線ができなかったという方でも妊娠中の体重管理は
しっかりとやっていただきたいです。

妊娠中の体重増加はなるべく8~10kgに留めるようにしましょう。

まさかお尻にまで!できてしまった妊娠線を消すには

Q.png私は現在妊娠36週目で、今回が初めての出産です。
最近、妊娠線ができてしまいました。
お腹や腕には全くできていないのですが、ふくらはぎとお尻にできてしまいました。妊娠中に急激に体重が増加すると、妊娠線ができると言われていましたが、
そこまで体重の大きな変化がないので、油断していました。
お腹が大きくなったり、バストやヒップが大きくなるスピードが速いと、
真皮や皮下脂肪の伸びが追いつかなくて、断裂が起こってしまうのですね。

妊娠線を消すことはほぼ不可能だと先生に言われてしまったのですが、
妊娠線を薄くしてくれるようなオススメのクリームはありますか?

お腹を出して外に出かけるような機械はほとんどないのですが、
やはり女性として妊娠線はないほうが嬉しいので、
出来る限り薄くしたいな。と思っています。

ご経験のある方、ぜひ教えてください!
どうぞよろしくお願いいたします。

■できでしまった妊娠線のケアにも妊娠線予防クリーム!

妊娠線ができてしまったのを見つけるとブルーになりますよね。
しっかりとクリームなどで予防していたならなおさらです。

ですがしっかりとケアしていても妊娠線ができてしまうことはあります。
妊娠線ができるのには体質や遺伝が大きく関係していると言う医師もいます。

妊娠線ができてしまったことで自分を過度に責めることはやめましょう。
妊娠中の強いストレスはお腹のこどもにもよくありません。

さて、できてしまった妊娠線に対するケアですが、実は妊娠線予防クリームが
そのまま使用できます。

妊娠線予防クリームには肌を保湿したり、コラーゲンを増やして肌を柔らかくしたり
などの様々な効果があり、これらはできてしまった妊娠線にも効果的です。

妊娠線ができないように買ったのに妊娠線ができたからこのクリームは使いたくない、
という人もいらっしゃると思いますがせっかく買ったクリームなので活用しましょう。

■妊娠線予防クリームに配合されている成分とその効果

ここでは妊娠線予防クリームによく配合されている成分とその効果について説明します。

・ビタミンC
メラニンの抑制、抗酸化作用などにより美白効果があります。
また、コラーゲンの生成を促します。

・ビタミンE
新陳代謝を促す効果があります。
若返りに効果があると言われているビタミンです。

・ヒアルロン酸
保水力が高く保湿効果抜群です。

・シラノール誘導体
世界的に認められている成分です。
イオン導入などをしなくても塗るだけで真皮まで浸透し、コラーゲンの再構築などを行います。

・葉酸
細胞分裂を活発にし、再生を促します。
妊娠線の肉割れ防止効果もあると言われています。

・アミノ酸
有効成分が浸透しやすい肌にする効果があります。

・プラセンタ
妊娠による女性ホルモンの乱れからくる肌荒れに効果があります。

顔用の化粧品でも目にすることがある成分が多く並んでいます。
ただし、顔とお腹の皮膚は厚みなどが少し違うので顔用のものをお腹に使うのはやめましょう。

■おすすめの妊娠線予防クリームはこれ!

ここではできてしまった妊娠線にも効果がある成分がたくさん配合されている
おすすめの妊娠線予防クリームをご紹介します。
それは、ベルタ妊娠線クリームです。

ベルタ妊娠線クリームは有効成分が他のクリームよりも多く配合されています。
また、社員によるサポートが充実しており、購入後も安心して使用できます。

配合されている主な有効成分は、

・世界的にも評判の高級成分であるシラノール誘導体

・効果の高いものを選んで配合された3つの美容成分

スーパーヒアルロン酸(通常のヒアルロン酸と比べて効果は約2倍)
プラセンタ(豚由来よりも効果が高い馬由来のプラセンタ)
マリンコラーゲン(動物由来よりもアレルギーが少ない魚由来のコラーゲン)

・肌を生き生きとさせる葉酸

・肌の調子を整える5つのアミノ酸とビタミン

アスパラギン酸
アルギニン
グリシン
トコフェノール
アスコルビルグルコシド

などがあります。

さわやかなグレープフルーツの香りで妊娠中も安心して使えます。
また、着色料やアルコール、シリコン、パラベンなどを使用していません。

妊娠線予防クリームはいろいろありますが、妊娠線予防に最も実績があるのは
シラノール誘導体と言われており、それが高濃度で配合されているのは
ベルタ妊娠線クリームです。

■できてしまった痕に特化したクリーム

次にご紹介するのは妊娠線予防クリームではなく、妊娠線などのできてしまった痕に
効果的なクリームです。

ノコアクリームはできてしまった痕をどうケアするかということに重点を置いています。

中でもノコアだけのこだわりの成分は「BODY3COMPLEX」です。
コスメ原料アワード受賞成分で、世界的な認証も受けています。

BODY3COMPLEXは100%オーガニックの成分で3つの異なる成分の相互作用により
肌に優しくかつ効果的な作用を引き出しています。
配合されている成分は、ベントナイト、アボカドエキス、生シアバターです。

その他に配合されているのは、

・ビタミンC誘導体ファンコスC-IS
通常のビタミンCよりも200倍肌に浸透しやすいものです。

・アセチルデカペプチド-3
オリゴペプチドの一種です。ターンオーバーを促進します。

・ネロリ
とても香りがよくリラックス効果があると言われている精油です。
高価で1kgで100万円ほどします。

などです。

もちろん合成着色料や香料、アルコール、界面活性剤などは使用していません。
国内の小規模な工場で丁寧に製造されたメイドインジャパンです。

口コミで人気になり、有名人も使用している実力派クリームです。

これも妊娠線?お腹に縦にできた茶色の線を消したい!

Q.png私は今産後4週間がたったころなのですが、
お腹の真ん中に縦に1本茶色い正中線が出来ましたって。この正中線って消えますか?妊娠6ヶ月目くらいから、お腹に縦の茶色い線が1本できてきました。
(妊娠線はどこにもできませんでした。)
このおへその下から胸の谷間にかけて、縦に伸びた1本の線を正中線と
呼ぶらしいのですが、完全に消える日がくるのか心配です。

そこで、質問なのですが・・・
この正中線は産後どのくらいで消えましたか?
消えていない方は、産後どのくらい経過してますか?
また、出産後多少は薄くなったのでしょうか。

水着などを着て出かけたりしたいのですが、
お腹を出してもあまりわからない状態まで戻りますでしょうか。

今年の夏は無理だとしても、来年や再来年水着を着たりして出かける機会も
あるかもしれないので、ちょっと心配です。

質問が多くて申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

■妊娠線とは違う?正中線とは

妊娠によってお腹にできる線(線状の跡)は大きくわけて2種類あります。

一つ目はいわゆる妊娠線で、妊娠中は赤紫色をしていてお腹の上をスイカの柄のように
蛇行していて、出産後には白くなって目立ちにくくなります。

二つ目は正中線と呼ばれるものです。
こちらはその名の通りお腹の真ん中にできる線のことで、茶色っぽい色をしています。
妊娠線ほどメジャーではありませんが、正中線ができる人は多いです。

できる人が多いのにもかかわらず妊娠線のように予防方法などがよく知られていない正中線。
正中線とはいったいどんなものなのでしょうか。

正中線はお腹の真ん中にできる色素沈着による線のことです。
妊娠線は真皮・皮下組織の亀裂によってできますが、正中線は色素沈着です。

実は妊娠前から正中線がある人もいます。
発生過程で生じたものの名残だそうです。

妊娠するとホルモンバランスが変わり、メラニンが増えやすくなります。
前から正中線があった人は濃くなりますし、今までなかった人にも正中線ができます。

妊娠線と違う点は正中線が産後に治るという点です。
色素沈着によるものなのでへこみなどはなく、ホルモンバランスが元に戻り、
メラニンが排出されれば正中線は薄くなり、消えます。

このようにちゃんと治るという点が妊娠線と大きく異なります。
正中線は治るため、あまり重要視されていないのかもしれません。

■正中線はいつごろ消えるのか

自然と消えると言われている正中線ですが産後いつくらいになれば消えるのでしょうか。

多くの場合、出産後はお腹がへこむため、伸びていた分が縮こまり、
出産前よりさらに黒ずんで見えてしまうようです。

産後の生理が再開すると急に薄くなるという人が多いです。
時期は人それぞれですが、だいたい3ヶ月前後くらいです。

母乳育児の場合は生理の再開が遅れますのでもう少しかかる人もいるかもしれません。
その場合でも産後1年もすれば消えるとお医者さんは言っています。

育児に気を取られていたら気づいたら消えていたという人も多いです。
お子さんが歩けるようになるくらいには水着も着られるようになるようです。

中には数年かかったという方もいらっしゃいますので個人差はあります。

■正中線を早く消すためには

正中線は色素沈着なので、肌のターンオーバーを促し、メラニンの排出を促進することで
正中線が消えるのを促すことができます。

残念ながら正中線のみをターゲットにした商品はないのが現状ですが、
妊娠線予防クリームの中で正中線に効果があるものもあります。
それは葉酸配合のクリームです。

葉酸は妊婦さんに必須な栄養素で、サプリメントなどで補っている方もいると思います。
葉酸は細胞分裂を行うのに必要な栄養素です。
葉酸配合のクリームでは細胞分裂が活性化し、ターンオーバーを促進する効果があります。

色素沈着なら高いクリームを買わなくても普段使っている美白化粧水があるけど・・・
という人もいるかもしれませんが、お腹用のクリームを使用するのが無難です。

顔とお腹は皮膚の厚さが違うため、効果が出にくいのです。
また美白効果が高いものは産後の身体には刺激が強すぎることもあります。

正中線は産後しばらくすればちゃんと消えますので気長に待つのも手です。

■正中線にも効く!おすすめの妊娠線予防クリーム

ここでは特に濃い頑固な正中線を早く消すために効果的な妊娠線予防クリームを紹介します。
メラニンはターンオーバーを繰り返すことにより排出され、色素沈着は薄くなります。
効果が出るまで1~2ヶ月はみておくといいでしょう。

・ベルタ妊娠線クリーム
ターンオーバーを促す葉酸に加え、美白に効くビタミンC・Eを両方配合しています。
塗るだけで真皮まで届くシラノール誘導体を配合し、コラーゲンの再構築を助けます。

・プラジェントラ クリームプラス
美肌に効く成分(スクワラン、ヒアルロン酸など)に加え、ターンオーバーを促す
EGF、コラーゲンを増やすFGFなどノーベル賞受賞成分を配合しています。

クリームは1日2回は塗りたいところです。
朝とお風呂上りがおすすめです。

ターンオーバーを促進するためには乾燥は禁物です。
お風呂上りなどは肌が乾燥する前にクリームで保湿を行いましょう。

上記の2つのクリームは上質な成分が配合されていて高い効果が期待できますが、
その分値段も高いです。

なので、絶対に綺麗な肌を取り戻したい、なんとしてでも治したいという熱意と
お金に余裕がある人にのみおすすめします。

正中線は時間が経てば消えるので妊娠線に悩んでいない人はわざわざ購入する必要は
ないのではないかと思います。

遺伝?体質?妊娠線ができる人とできない人の違い

Q.png妊娠中に出来る肉割れ(妊娠線)について教えてください!

私の友人が先日出産をしたのですが、妊娠線が全くできていません。
妊娠線ができる人とできない人の違いって何でしょうか。
ちなみに、私はお腹・お尻・太ももにできています。

しかし、友人は出産したのに体中どこにも全くできていないのです。
病院の先生から妊娠線は一度できるとなかなか取れないので、
妊娠中に気を付けるようにと言われました。

そのため、妊娠線用のクリームを毎日かかさずしっかりと塗っていました。
友人が何か特別なことをしたのかと思い、聞いてみましたが、
私と同じように、妊娠線予防のクリームを塗っていただけでした。

体質の違いなのでしょうか?
不思議で仕方がないので、ぜひ理由を教えてください!

■妊娠線ができるかどうかは体質?

妊娠線のケアをしていても妊娠線がくっきりできてしまう人もいれば、
何もケアしなかったのにもかかわらず妊娠線ができなかったという人もいます。

このような差ができてしまうのはなぜでしょうか?
専門家によると妊娠線の完全な予防法はなく、妊娠線ができるかどうかは
遺伝や体質によるところが大きいとされています。

つまり、遺伝的に妊娠線ができやすい人や体質の人は頑張って予防しても妊娠線はできやすく、
反対に妊娠線ができにくい体質の人は予防しなくてもできにくいということになります。

とはいえ他のご家族に妊娠線ができている人でも保湿をたくさんしたら自分はできなかった
という方もいらっしゃるので遺伝や体質が全てというわけではないのかもしれません。

■妊娠線はお腹以外にもできる!

妊娠線は下腹部にできることが多いですが、実は他の場所にもできます。
頻度的に多いのは、上腹部・太もも・胸・おしりです。
頻度はそこまで高くありませんが、ふくらはぎにできる方もいます。

妊娠線は皮膚が急激に伸ばされて真皮や皮下組織に亀裂が生じてできるため、
お腹に限らず妊娠して太る(皮膚が伸ばされる)ところならどこでもできます。

お腹が大きくなると下腹部は見えにくくなり、妊娠線ができてもなかなか気づきにくいです。

しかし、妊娠線は下腹部からでき始め、その後太ももなどに広がっていくと言われており、
下腹部に妊娠線ができていないかは要チェックです。
手鏡などを使って観察するのもいいかもしれません。

■妊娠線ができやすい体質でも諦めないで

一般に妊娠線ができやすい人の特徴として、

・皮下脂肪が多い、筋肉が少ない
・背が低い
・皮膚がかたい、伸びにくい
・体重増加が大きい
・乾燥肌

などが言われています。

上記に挙げられている特徴は確かに体質・遺伝によるところが大きいかもしれません。
身長や皮膚の伸びやすさなどは努力で改善することはなかなか難しいでしょう。

ですが、乾燥肌は日々のスキンケアで改善することが可能ですし、
体重増加も自己管理によってある程度コントロールすることができます。

また、一朝一夕では難しいかもしれませんが、日々のケアで肌を多少柔らかくできます。
このように、元々妊娠線ができやすい体質でも努力次第で改善することができます。

■妊娠線の予防には保湿が重要

妊娠線の予防にはまずたっぷりと保湿することが大事です。
トイレなどでお腹を出す度にクリームで保湿していたら妊娠線ができなかった、
惜しげもなくクリームを使ったらできなかったという経験談もあります。

クリームでもオイルでもいいので肌に合うものを選びましょう。
ワセリンも乾燥対策に効果抜群なのでおすすめです。

芸能人が使っていたと評判のクリームもあります。
木下優樹菜さんは「クラランス」を、スザンヌさんは「ヴェレダ」を愛用されていたようです。

商品選びの際には配合されている成分や効果だけでなく、香りも要チェックです。
普段好きな香りでも妊娠中は不快に感じてしまうことがあります。

お風呂上りなどにお腹になじませましょう。
軽くマッサージをするとより効果的です。

■体重管理も大事

妊娠線の予防には肌の保湿が重要ですが、体重管理も同様に重要です。
体重が増えるとお腹が大きくなりますし、体脂肪が増えると妊娠線ができやすくなります。

つわりの時期が過ぎたら食事のバランスに気をつけましょう。
お腹が大きくなると食事を作るのも大変ですが、偏った食生活は控えましょう。

野菜を多く取り入れ、食物繊維が豊富で低カロリーのメニューがいいですね。
和食がおすすめです。

妊娠中の体重増加は8~10kg程度に抑えたいところです。
妊娠後期は特に体重増加が大きい時期です。
この頃に妊娠線ができてしまたったという人が多いので、特に気をつけましょう。

■妊娠線対策は美肌対策!?

美肌にいいとされるコラーゲンも妊娠線予防に良いと言われています。
妊娠線では真皮や皮下脂肪に亀裂ができてしまっています。
コラーゲンをたくさん摂取して真皮のコラーゲンを強化することで予防効果が期待できます。

またビタミンCはコラーゲンを増やす効果があるためビタミンCの摂取も効果的です。
このようにコラーゲンやビタミンCなど美肌に効くものは妊娠線予防にも効きます。
お顔もぷるぷるになって一石二鳥です。

コラーゲンがたくさん入っている商品やビタミンのサプリメントなどは妊娠中の
摂取を避けるようにと表示されているものもあります。
それらを使用したい場合は一度医師に確認するのが安心です。

また、コラーゲンやビタミンCは食事からも摂取できます。
コラーゲンはグミに多く入っていますし、ビタミンCは野菜や果物に入っています。
これらの食べ物を意識的に摂取するようにすると妊娠線予防に効果が出るかもしれません。

できる確率とかはあるの?気になる妊娠線とその予防法

Q.png私は現在妊娠初期の妊婦です。
先日、病院の先生から妊娠線が出来ないように対処した方が良いよ。と言われました。ネットで調べてみると、ひどい人はかなりの量の縦に赤くひび割れたような
線が入っていました。妊娠線って聞いたことはありましたが、
実際に見てみると、結構目立つし、痛々しいのですね。。

出来るだけ、妊娠線が出来ないようにしたいです。
妊娠線を予防するクリームがあると教わったので、
ドラッグストアで購入し、現在お腹と脚にまんべんなく毎日塗っています。

妊娠線が出来る確率は人それぞれなのでしょうか?
妊娠線を予防するクリームを塗るという方法以外に、
何か妊娠線が出ないようにする方法はあるのでしょうか。

ご経験者の方やお詳しい方、ぜひアドバイスをください!
どうぞ、よろしくお願いいたします。

■妊娠線ってどんな線?

妊娠線という言葉は耳にしたことがあっても実際にどんなものなのかよくわからない、
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

妊娠線は妊娠してお腹が大きくなるにつれてできる線状の跡のことで、赤紫色をしています。
この赤紫色は色素沈着ではなく、皮膚が伸ばされ下にある血管が透けることによります。

お腹からでき始めることが多いのでお腹にできるものというイメージがあるかもしれませんが、
妊娠線は妊娠して太くなるところであればどこでもできる可能性があります。
例えば、太もも・胸・足の付け根・ふくらはぎ・二の腕などです。

妊娠すると妊娠末期までに8-10kgほど体重が増えます。
皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層からなります。
このうち表皮は伸びやすいため、妊娠による体重増加にも柔軟に対応することができます。

一方、真皮と皮下組織は表皮と比べると伸びにくく、急激な体重増加には耐えられず、
限界がくると亀裂ができてしまうことがあります。

妊娠線が触ると少しへこんでいるのは表皮がへこんでいるのではなく、その下にある
真皮や皮下組織がへこんでいるからなのです。

■妊娠線ができる確率

妊娠線ができる確率はどれくらいなのでしょうか。
50%、70%、80%、60%以上などさまざまなデータがありますが、妊婦さんの半分以上に
妊娠線ができるというのは間違いなさそうです。

また、26歳以上の妊婦さんは90%近くに妊娠線ができるという恐ろしいことも言われています。

若い人の方が肌の柔軟性が高いため、妊娠線ができにくい傾向があります。
また、肌の再生力も高いためできても薄くしやすいでしょう。

■妊娠線ができやすい人はこんな人!

妊娠線ができる確率は確かなものは出ていませんが、妊娠線ができやすい条件は
いくつか知られています。

・肌が乾燥している

乾燥していると肌荒れしやすいので要注意です。
妊娠中はホルモンバランスが変わり、普段よりも乾燥しやすくなります。
いつもよりも保湿を心がけましょう。

・体重が一気に増えた(増えそう)

急激な体重増加があると皮膚も急激に伸ばされ妊娠線ができやすくなります。
体重増加は10kg以内にしておくのがいいでしょう。

・小柄な体格

小柄な方は普通の方よりもお腹が張り出してしまう傾向があり、お腹の妊娠線ができやすいです。

・双子以上の妊娠

双子などではどうしてもお腹が大きくなってしまいます。
お腹が大きくなると妊娠線はできやすくなってしまいます。

・肌がかたい

肌のかたい人は肌が伸びにくく、妊娠線ができやすいです。
あごの下の皮膚を引っ張ってみてなかなか伸びないという人は要注意です。

・皮下脂肪が多い

皮下脂肪が多い人や筋肉が少ない人も妊娠線ができやすいと言われています。

■妊娠線を予防する方法

妊娠線を予防するための商品がたくさん出ていますが、どれにも共通して言えるのは、
妊娠線の予防が100%できるわけではない、ということです。
今のところ妊娠線を100%予防する方法がないということは専門家も認めています。

妊娠線ができるかどうかには体質が大きく関わっていると言われていますが、
先ほど妊娠線ができやすい条件の中にもあったように乾燥は大敵です。
妊娠線予防は保湿による乾燥対策が中心で、全く効果がないというわけではありません。

乾燥対策をしていればできてしまう妊娠線を軽くすませることができるかもしれませんし、
妊娠線ができてしまった後のケアも保湿が基本となりますのでスムーズに移行できます。

妊娠線ができるかどうかは個人差がありますが、乾燥対策はしないよりもした方がいいので
ぜひ毎日続けてみてください。

妊娠線はお腹からできることが多いと言われていますので、最初のうちはお腹を中心に
クリームやオイルを塗り、軽くマッサージをするといいでしょう。

妊娠線は下腹部にできやすく、またお腹が大きくなると見えにくくなりケアがおろそかに
なりがちですので下腹部まで保湿するように心がけるといいでしょう。

使用するクリームやオイルは保湿できればなんでもいいので肌に合ったものを選んでください。
ワセリンを使って安く妊娠線を予防されている方もいらっしゃいます。

マッサージは本格的なものではなく、軽くさすったり揉んだりなどでOKです。
強くやりすぎは禁物です。
手に残ったクリームやオイルを塗り込むように数分すれば十分です。

お腹に妊娠線を発見した場合や、妊娠後期に入ったり、体重が増えてしまったら
お腹以外にも同様のケアを始めましょう。
一回にかける時間は少しでいいので毎日続けることが大事です。

クリームやオイルによる保湿の他にも体重増加に気をつけることも大事ですし、
コラーゲンやビタミンCなど肌にいいものを摂ることもおすすめです。

諦めるのはまだ早い。妊娠線がすごいたくさんできたときの対処法

Q.png私は少し前に出産をしたのですが、妊娠線ができてしまいました。
友人が出産を経験しており、妊娠線が出来ていて悩んでいたので、
私も妊娠中はかなりマメにケアしていました。それにも関わらず、大きな子どもだったためか、おへそを中心に周りにわりと広範囲で
たくさんひび割れたような線が入っていて、見ていて結構すごいです。

どうすればいいのでしょうか・・・?
毎年、夏になると海に行きますし(今年は無理かもしれませんが)、
友人や旦那と温泉にいきったりもします。

こんなに妊娠線ができたお腹をさらすのは正直恥ずかしいです。
先生に相談すると、完全に消すことは難しいと言われてしまいました。

実際に、妊娠線が出来てしまった方、どのような対処法をとっていますか?
また、どのくらいの期間で妊娠線が薄くなってきますか。
アドバイスをよろしくお願いいたします!

■妊娠線ができるかどうかは体質もある

妊娠後期になりおなかがどんどん大きくなるにつれて気になるのが妊娠線です。
おなかが急激に大きくなった方ではおなかの皮膚がびりびりと避けるような感覚を
味わったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

妊娠線は下腹部を中心に線状にできるのでまるでスイカのよう、と感じる方が多いです。
しかも妊娠中は血管が透けて妊娠線は赤紫色をしているためよく目立ち、
気に病んでしまう妊婦さんも多いと思います。

ほとんどの女性は妊娠線ができてしまうのは嫌だと思います。
最近では妊娠線を予防することができるというクリームやオイルなどがたくさん出ています。

しかし、残念ながらクリームなどを使用しても妊娠線ができたという人も多く、
完全に予防できるわけではありません。

専門家も妊娠線の予防は完全にはできないと言っており、妊娠線ができるかどうかは
体質や遺伝が関係していると言っています。

妊娠線ができやすい体質として知られているのは、

・筋肉が少ない人
・皮下脂肪が多い人
・小柄な人、多胎妊娠(双子、三つ子など)の人
・乾燥肌の人
・皮膚の伸びが悪い人

などがあります。

逆に妊娠線ができにくいのはできやすい条件と反対の人ということになります。

遺伝というのは、自分の母に妊娠線があるとその人も妊娠線ができやすいと言われています。
体質ももちろん遺伝しますから体質が遺伝することにより妊娠線ができやすい人、
できにくい人が出てくるのかもしれません。

■妊娠線ができる部位

妊娠線はおなかにできるものというイメージがあるかもしれませんが、
実はいろいろなところにできます。

妊娠線は皮膚が過剰に伸ばされた結果、真皮にあるコラーゲン線維が裂けてできます。
つまり、妊娠中に太くなる部位であればどこでもできる可能性があります。

妊娠中に太くなりやすい場所には、
太もも・胸・おしり・足の付け根・二の腕・ふくらはぎなどがあります。

おなかを含め、見えにくいところにできますのでまめにチェックしてみてください。
最初にできるのはおなかが多いようなので、おなかにできてしまったら
全身の保湿を行いましょう。

特に体重増加が大きいときはできやすいので要注意です。

■妊娠線を薄くするには

できてしまった妊娠線を消すことはできませんが、諦めるのは早いです。
妊娠線は努力次第で薄くすることができます(個人差あり)。

実際に効果があったとされるのは、クリームやオイルをお腹などの妊娠線ができた部位に
塗り込み、マッサージをする方法です。
クリームなどで肌の保湿をし、マッサージによって血行を良くして、肌の再生を促します。

マッサージの方法は、特に決まりはありませんが、さすったり、揉んだり、叩いたり、
血行を良くするように工夫してみてください。
ただし、強くやりすぎるのは逆効果のおそれがあるので気をつけましょう。

口コミ評価の高いクリーム・オイルは、

・AFCストレッチマーククリーム
・ベルタ妊娠線クリーム
・プラジェントラ クリームプラス
・ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム
・キャリネス ボディクリーム

などがあります。

コストパフォーマンスが良いもの、真皮まで効果があるもの、お子さんにも使えるもの、
保湿力が非常に高いもの、美容皮膚科医が開発したものなど特徴は様々です。
ご自分に合ったものを選択してください。

マッサージはそこまで熱心にする必要はありませんが、こつこつ毎日続けることが大事です。
1日5分くらいでいいので、頑張って続けてみましょう。

■男性はそこまで妊娠線を気にしていない?

たくさん妊娠線ができてしまうとこんなおなか夫にも誰にも見せられない、
と悲しい想いをされてしまっている方もいらっしゃるでしょう。

どうかご安心ください。
できたばかりの妊娠線は赤紫色をしていて目立ちますが、時間が経つにつれて
肌色に近くなり、初めほど目立たなくなります。

また、女性が思うほど男性は妊娠線を気にしない人が多いようです。
それが自分の子どもを産むためにできたものであればなおさらです。

妊娠線に悩んでいるときに気にしないよ、というご主人の言葉に救われた方は多いと思います。

温泉などでたくさんの人の前で肌を見せるのも初めのうちは抵抗があると思いますが、
ある程度以上の年齢の方ならほとんどの女性が出産を経験しています。

8割くらいの人に妊娠線ができるのではと言われており、むしろ妊娠線ができるのは
ある意味では普通のことです。

すぐには割り切れないと思いますが、お子さんが成長するにつれて
きっと受け入れることができます。

もちろん保湿やマッサージで少しでも妊娠線が薄くなるとさらに気にならなくなるでしょう。

特に気をつけて!妊娠線ができる時期はいつ頃が多い?

Q.png現在、38週目を迎えた妊婦です。
出産中に急にお腹が大きくなったり、胸やお尻が大きくなると、
妊娠線が出来ると聞きました。急激に体重が増加するタイミングは気を付けて!と
言われていましたが、具体的には妊娠線ができやすい時期はどのくらいなのでしょうか。38週迎えているので、お腹自体はかなり大きいです。
急な体重の増加はありましたが、おそらく妊娠しているのであれば、
普通な体重の増加という程度で、太ったというわけではありません。

今のところ、妊娠線を予防するクリームをお腹に塗るという対処しかしていませんが、
他に何か予防方法はありますか?

ご経験者の方や奥さんが出産を経験して詳しいよ!という方、
ぜひ色々と教えてください。
出産未経験者なので、友人にも出産を経験している子がいないので、
分からいことだらけで困っています。よろしくお願いいたします。

■妊娠線はいつできるのか

安定期以降の妊婦さんにとって心配なことの一つに妊娠線があると思います。
妊娠線はおなかが大きくなり皮膚が伸ばされることによってできる線状の跡です。

妊娠線は皮膚の中でも真皮のダメージによるもので、手術跡などと同じく瘢痕です。
一度できた瘢痕は薄くすることはできますが、完全に元通りに治すことはできません。

妊婦さんの半数以上に妊娠線ができると言われており、決して他人事ではありません。
ではそんな厄介な妊娠線はいつごろできるのでしょうか。

妊娠線ができた方を対象としたある調査によると、
80%の人が妊娠後期(8~10ヶ月)に、18%が妊娠中期(5~7ヶ月)に、
2%の人が妊娠初期(~5ヶ月)に妊娠線ができたと回答しています。

妊婦さんというと大きいお腹というイメージがありますが、お腹が目立ちだすのは
妊娠中期以降で、赤ちゃんがもっとも成長するのは妊娠後期です。

生まれてくる頃には3000g前後の重さがある赤ちゃんでも、
妊娠27週(妊娠7ヶ月)では体重はまだ1000gほどしかありません。

その後急速にどんどん成長していき、3週ごとに約500gずつ成長します。
そして、39週(10ヶ月)で約3000gとなり生まれてきます。

赤ちゃんが大きく成長する時期と妊娠線ができやすい時期はだいたい一致しており、
おなかが大きくなり皮膚ががんばって伸びようとして妊娠線ができるということになります。

■妊娠線の予防法

医学はどんどん進んできていますが、まだ妊娠線の完全な予防法はみつかっていません。
医師の中には妊娠線ができるかどうかは遺伝もあり、自分の母親に妊娠線がある人は
その人自身も体質的に妊娠線ができやすいのではという人もいます。

ですが乾燥していると妊娠線ができやすいこと、おなかが大きくなると皮膚も引っ張られ
妊娠線ができやすいということが言われています。

そのため、妊娠中の妊娠線予防では乾燥を防ぐこと、太りすぎないことが基本的な方法です。

<乾燥対策>

妊娠線予防クリームなどがいくつも市販されています。
口コミなどを参考に好みに合わせて選んでください。

妊娠中はホルモンなどの影響により肌が乾燥しやすいです。
クリームは乾燥防止にはなりますが、クリームを塗る前に化粧水などで
水分補給をさせてあげるとより効果的です。

クリームの他に妊娠線などに効果が高いとされるオイルも出ています。
クリームでもオイルでもとにかく保湿することが重要です。

<体重管理>

最近は妊婦さんといえどあまり体重を増やしてはいけないと言われます。
体重が増えると妊娠高血圧、妊娠糖尿病などのリスクになるほか、
おなかが大きくなってしまうため、妊娠線もできやすくなります。

過激なダイエットはもちろん禁物ですが、10kg以上体重を増やさないようにしましょう。

また、双子を妊娠されている場合や小柄な妊婦さんではどうしてもおなかが
大きくなってしまいます。
そのような場合、頑張ってもどうしようもないこともあるようです。

その他にも、ビタミンCを摂取するとコラーゲンの生成が増えますので
積極的に摂るようにしましょう。

■頑張っていても妊娠線ができてしまう理由

早いうちから妊娠線予防を頑張っていても妊娠線ができてしまった・・・
という方は意外といらっしゃいます。

その理由として多いものをご紹介します。

・大きくなったおなかに隠れて見えなかった

よくあるケースです。

妊娠後期になりおなかが大きくなるとおなかの下が見えにくくなります。
本人はちゃんとケアしていたつもりでも見えないところのケアが不十分になり、
出産後に妊娠線に気がついたり、ご主人に言われて気がついたりするようです。

・妊娠後期に急激におなかが大きくなった

こちらもよくあるケースです。
妊娠後期までは妊娠線ができずに安心していても、出産前に急激に赤ちゃんが成長し、
皮膚が耐えられず妊娠線ができてしまいます。

急激に皮膚が伸ばされるとこれまできちんとケアされてきた方でも
妊娠線ができてしまうことがあります。
赤ちゃんの成長は完全に予測できませんから不可抗力といえるでしょう。

他にも、
・双子の場合、小柄な妊婦さんの場合
・皮膚が伸びにくい体質であった場合
などがあります。

■妊娠線ができてしまったら

妊娠線ができてしまってもこつこつとケアすれば目立たなくすることができます。

できてしまった妊娠線に対しても保湿が有効です。
妊娠線予防に使用していたものがそのまま使えます。

また、妊娠線はできたばかりのころは赤紫色をしていますが、時間が経つにつれて
肌の色に近い自然な色になり、自然と目立ちにくくなります。
なので、妊娠線を発見したときよりは確実にマシになります。

掻いたらだめ?妊娠線が痒いのはなぜか

Q.png私は今臨月で、来月主産予定です。
妊娠線が出来ていて痒いのですが、かくと酷い痕が残ると聞いたことがあるので、
かくのを我慢しています。出産後、妊娠線の痒みは治まるものなのでしょうか。
それとも、妊娠線がある限り続くのでしょうか。

妊娠線は「コルチコ・ステロイド」というホルモンが原因となるそうです。
このコルチコ・ステロイドは、弾性線維を作る細胞「繊維芽細胞」の
増殖を抑える働きを持っているので、皮膚が薄く硬くなって敏感な肌になるそうです。

子どもを産むと、コルチコ・ステロイドの分泌は少なくなるのでしょうか。
もし、妊娠線がある間はずっと痒いのであれば、対処法を知りたいです。

初めての出産で、何もわかりません・・・。
今は掻かずに耐えてますが、いつまで続くのか気になったので、
ご経験のある方、ぜひ教えてください。

■妊娠中にお腹がかゆくなる原因

妊娠線のあたりがかゆいけど掻いたら跡が残りそうでどうしよう・・・
という悩みをお持ちの妊婦さんもいらっしゃると思います。

実際、妊婦さんのうち一定の割合でかゆみを訴えられる方がいらっしゃいます。
場合によっては重症な病気が潜んでいることもありますが、ここでは妊娠中に
かゆみをもたらすことが多いものについてご紹介します。

妊娠中に皮膚にかゆみをもたらすものとして一般的なのは以下の3つです。

・妊娠性皮膚掻痒症(そうようしょう)
・妊娠性痒疹(ようしん)
・PUPPP

それぞれについてみていきましょう。

■妊娠性皮膚掻痒症(にんしんせいひふそうようしょう)

妊娠性皮膚掻痒症は妊婦さんの約2-3%にみられます。
妊娠中期から後期に多いです。

他の2つと違うのは、湿疹などかゆみの原因になりそうなものが特にないにもかかわらず
かゆみがあるということです。

原因はホルモンバランスの変化による乾燥だと言われています。
妊娠中はエストロゲンなどの女性ホルモンの分泌が増え、相対的に男性ホルモンが減ります。

男性ホルモンには乾燥を防ぐ役割がありますから、妊娠中は乾燥しやすくなり、
乾燥によりかゆみが発生します。

かゆみが我慢できるのであれば特に妊娠性皮膚掻痒症の治療は必要ありません。
また、乾燥が原因なので保湿をすることが効果的です。

妊娠性皮膚掻痒症は分娩後には速やかに改善する場合がほとんどですが、
かきむしってしまうとそれにより湿疹、色素沈着ができてしまうこともあります。

かゆみが我慢できなくて辛い場合は、主治医に相談しましょう。
かゆみを抑える塗り薬などを処方してもらえるはずです。

■妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)、PUPPP

妊娠性痒疹は妊娠初期から中期に多く、比較的早くから症状が出ます。
第2子以降の妊娠でみられることが多いようです。
頻度は1%くらいです。

下肢を中心に丘疹や紅斑が出て、だんだん上まで広がっていきます。
かゆみはとても強いです。

また、妊娠後期に腹部を中心に紅斑が出る場合もあり、こちらはPUPPPと呼ばれています。
こちらは初産婦で多いです。

妊娠性痒疹、PUPPPのどちらも詳しい原因はわかっていません。
分娩後に軽快することが多いといわれています。

治療は対症療法が中心となりますが、かゆみに効く抗ヒスタミン薬の飲み薬は
胎児への影響を考えてあまり積極的には行われません。
主にステロイドなどの塗り薬で治療することが多いです。

特に重症の場合を除いて母体および胎児に影響はありません。
かくと余計広がってしまいますので我慢せずに病院にいきましょう。

■妊娠線とかゆみの関係

これまで説明した3つの病気は妊娠線に限らずお腹や全身がかゆくなるものです。
ではなぜ妊娠線はかゆいのでしょうか?

妊娠線と妊娠によるかゆみに共通するのは乾燥です。
かゆみがでてきた後に妊娠線ができたという方も多いです。

乾燥している場所はかゆみも出やすく、また妊娠線もできやすいため、
妊娠線ができたところはかゆくなってしまいます。

■産後も妊娠線がかゆい・・・

多くの場合、妊娠によるかゆみは分娩後数日で改善されると言われています。
妊娠中にたくさんのホルモンを出していた胎盤が排出され、ホルモンバランスが
一気に妊娠前の状態に近づきます。

しかし、一部の方では産後も妊娠線のかゆみが治らないという方もいらっしゃいます。
それはどうしてでしょうか?

妊娠中はホルモンバランスの変化により乾燥が生じ、かゆみが発生していました。
産後もかゆみが出るのはホルモンバランスではなく傷跡のかゆみのせいが考えられます。

手術したことのある方ならお分かりいただけると思いますが、
縫った傷跡が時々かゆくなることがあります。

妊娠線も手術跡と同じように真皮が傷つき、跡になっています。
産後も続く妊娠線のかゆみはこうした傷跡によるかゆみだと考えられます。

■妊娠線はかくとひどくなる?

現在妊娠されている方は特に悩んでいるかもしれませんが、
妊娠線はかいてしまうと悪化してしまうものなのでしょうか?

妊娠線は急激に皮膚が伸ばされることによって真皮にダメージが生じてできます。
血が出るほど強くかきむしるなら話は別ですが、少しかいたくらいでは
真皮までダメージは生じないでしょう。

しかし思うままにかき続けると、かいたことによって皮膚に湿疹やぶつぶつなどができ、
ひどくなると色素沈着ができてしまいます。

こうしたものは既にある妊娠線を悪化させてみせます。
つまり妊娠線をかくと妊娠線そのものを増やす作用はあまりないと考えられますが、
妊娠線の周りに湿疹や色素沈着ができると妊娠線が目立ってしまいます。

このため妊娠線が増える、かくと跡が残ると言われているのでしょう。
いずれにせよできるだけ肌をきれいに保つためにはかかずに医師に相談して
塗り薬をもらうなどの対策を行うのがいいでしょう。