早めのケアが重要!妊娠線ができてしまったらどうする?

Q.pngみなさん、妊娠線ってどのように対処していますか?

妊娠線が思いっきりお腹と太ももなどに出てしまったのですが、
どうすればよいのでしょうか。
太ももは普段自分では見えないので、あまり感じないのですが、
お腹などは、お風呂に入るときや着替えをするときにも毎回目に入り、
ひどすぎて見るのも嫌になります。

妊娠中にはクリームを塗ったりして、予防していたつもりなのですが、
大きくなったお腹で見えない所に潜んでいたようです。
妊娠線はできてしまったらなかなか消えないのは分かっているのですが、
できてしまった妊娠線を少しでもなんとかする方法ってないでしょうか?

出産をご経験されている方で、「妊娠線が出来てしまい、こんな事をして薄くなった!」、
「こんな方法で目立たなくなった!」という経験ございますか?
また、それはどれくらいで妊娠線がうすくなったのか教えてください!

■妊娠線とそのできる仕組み

妊娠線とは妊娠中や産後にできる(発見される)赤紫色の線状の瘢痕のことです。
医学的には皮膚線条と呼ばれます。

妊娠線は皮膚が急激かつ過剰に伸ばされることによってできます。
妊娠中期以降、急激にお腹が大きくなり、おなかの皮膚は伸ばされることが原因です。

皮膚は表皮・真皮・皮下組織からなり、肌の表面にある表皮は比較的伸びやすいですが、
その下にある真皮は伸びにくく、急激な進展に耐えられずにコラーゲン線維が
切れてしまうことがあり、これにより妊娠線ができます。

妊娠線は妊娠中では下にある毛細血管が透けることで赤紫色をしていますが、
出産後はだんだん白色になり目立ちにくくなります。

■妊娠線ができるのはどんな人?

多くの妊婦さんの悩みの種である妊娠線。
女性にとって身体に跡ができるかもしれないというのはやはり気になってしまいますよね。

妊娠して妊娠線ができる確率は実に50-80%と言われています。
つまり、出産をした方の半数以上は程度の差はあれ妊娠線があるということになります。

最近では妊娠線を予防するために早期からクリームなどでケアを始める人が増えています。
年配の方の中には昔はそんなクリームはなかったけど線なんてないという方も
いらっしゃるかもしれません。

確かに最近でも、妊娠中に全くケアをしなかったけれども妊娠線はできませんでした、
といううらやましい方も一定数存在します。

その一方で、早くからケアをしていたのにしっかり妊娠線ができてしまった・・・
という方も少なからずいらっしゃいます。

どうしてこういうことが起きるのでしょうか?
実は妊娠線にはできやすい条件というものが存在します。

・急激に太るもしくは妊娠による体重増加が大きい人
しっかりケアしてきた人でも妊娠末期の急激な体重増加でびりびりと音が出るように
妊娠線ができてしまった・・・という人は意外と多いです。

急激に体重が増えると皮膚も急に伸ばされ妊娠線はできやすくなります。

・乾燥肌の人
乾燥していると跡が残りやすくなります。

・皮膚が伸びにくい人
自分の肌が伸びやすいかどうかはわかりにくいかもしれませんが、あごの下の皮膚を
引っ張ってみてよく伸びる人は妊娠線ができにくいと言われています。

また、この他にも妊娠中はホルモンの影響でコラーゲンの生成が抑えられできやすくなる
ということもあるようです。

■妊娠線は治らない?

妊婦さんの半数以上にできてしまう妊娠線ですが一度できてしまうと完全には
治らないという恐ろしいことが言われています。

妊娠線が完全には消えないと言われているのはどうしてなのでしょうか?

先ほど妊娠線は皮膚のうち真皮にあるコラーゲン線維が切れてしまうためにできると
いうことを紹介しました。

実は真皮というのは再生がほとんど行われない場所であり、真皮にダメージが生じて
できた傷というのは跡が完全には消えません。
手術の跡が少しへこんだままいつまでも治らないのと同じです。

最近ではレーザーなどを使って妊娠線を薄くすることができるようになっているようですが
跡を目立たなくすることはできても完全に消すことは難しいようです。

■できてしまった妊娠線を薄くするには

現段階では一度できてしまった妊娠線を完全に治すことはできませんが、
毎日のお手入れで薄くすることは十分できます。

できてしまった妊娠線に対するケアは早く始めるほど効果が出やすいので
発見したらすぐに始めるようにしましょう。

お手入れの基本は保湿とマッサージです。
保湿には妊娠線予防クリームがたくさん出ていますのでご自分に合ったものを使ってください。

お風呂あがりに毎日クリームを塗り、気になる部分を揉んだり、軽く叩いたりしましょう。
クリームには乾燥防止効果が、マッサージには血行促進効果があります。

一回のお手入れにかける時間は数分で十分ですが、毎日続けることが重要です。
即効性はありませんが、少しずつ薄くなっていくようです。

■使用したクリーム別の体験談

ここでは実際に使用したクリーム別の体験談をご紹介します。

<プラジェントラ>
ヒトオリゴペプチド配合のクリームで肌の再生能力を高める効果があります。

・使い始めて1ヶ月以内で効果があり、2ヶ月でかなり目立たなくなった
・2本目でお腹にできた妊娠線は薄くなり、太ももにできたものはほぼわからなくなった

<バイオイル>
こちらはクリームではなくオイルですが、保湿効果が高く、妊娠線だけに限らず
多くの傷跡に効果があります。

・目に見える効果は1年くらいでやっと出てきたが、確実に薄くなっている
・妊娠線は一度できると消えないと言われているため気休めに使っていたが、
腰の妊娠線がほぼわからないまでに薄くなった

同じケアをしても体質によって効果が現れる時期や効果の程度は異なります。
この他にもいろいろな商品が出ていますので、ご友人からの口コミなども参考にして
選んでみてください。