妊娠線予防ママ&キッズ ナチュラルマーククリームを使いました

ナチュラルサイエンスというメーカーの
ママ&キッズ ナチュラルマーククリームお得用サイズ470g
を妊娠中期~出産の前日まで使用し、2本使い切りました。
妊娠線は全くできず、綺麗なお腹を保つことができました。

はじめての妊娠で、インターネットや雑誌を読んで妊娠線予防というものを知りました。
だんだんと大きくなっていくお腹に何もせずにいると、ヒビが入ったような見苦しい線ができてしまい、出産後も治ることはないと知り、慌てて妊娠線予防クリームを検討し始めました。

クリームは効果だけでなく、その成分にも気をつける必要があるとのことでした。
防腐剤などが胎盤を通して赤ちゃんに行ってしまうため化粧品も全て無添加のものに切り替えていましたので、もちろん妊娠線クリームも無添加で安全性が高いものを選びました。
たとえ神経質と言われても、なるべく赤ちゃんを綺麗な状態で産んであげたいと思ったので、調べる手間やお金は惜しみませんでした。
ちなみにドラッグストアで売っているような安価な保湿クリームには全て防腐剤が入っていることが分かりました。

調べた限り、最も成分が安全で口コミが良かったものが、ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム でした。
たまごクラブには必ず広告が載っていて、アカチャンホンポでも見かけるものでした。
申し込めば無料でサンプルがもらえたので、肌に合うかどうかも確認できました。

パラベン系やフェノキシエタノールなどの防腐剤を一切使用しておらず、ボトルが二重構造の容器で、残量に合わせて中のバッグがつぶれるフレッシュインナーバッグ式なので、最後まで衛生的に使いきれるところが気に入りました。

私の妹も妊娠中に使用して絶賛していましたので、効果にも期待ができました。
お得用ボトル1本8000円くらいで夫にはびっくりされましたが、安全を取って良かったと思っています。

実際に使い始めたのは、お腹が少し出てきた妊娠6ヶ月ごろからでした。
お風呂あがりにたっぷりと優しくお腹にすり込むのを習慣にしていました。
本当は朝晩使った方が良いのですが、私は面倒くさがりなので夜だけでした。
お腹が大きくなってきてからは赤ちゃんとのコミュニケーションもかねて夫に塗ってもらうようになりました。

妊娠線予防は最後の1ヶ月が最も大切と友人から聞いていたので、臨月に入ってからはよりたっぷりめに慎重に塗り込んでいました。

おかげで妊娠していたことがうそのように、もとどおりのお腹になっています。

妊娠線予防に無印良品のスウィートアーモンドオイルを使用した結果

妊娠線予防のクリームやオイルは様々な種類の商品が販売されていますよね。
その中で私は無印良品のスウィートアーモンドオイルを使用しました。理由は以下の通りです。
①なるべくシンプルなものを
妊娠という敏感な時期に毎日使用するため、なるべく添加物や成分の少ないものが良いと思いました。無印良品のスウィートアーモンドオイルは成分はアーモンド油のみなので究極にシンプルだと思い購入しました。
アーモンドオイルは他の妊娠線予防クリーム・オイルのベースとして使用されていることが多いため、選びました。
②信頼できるもの
妊娠線予防クリーム・オイルで調べると、本当に多種多様の商品がありました。やはり日本のブランドで、有名で、店頭で試せるところが良かったです。
③匂い
私はつわりは軽く、匂いも特に気になりませんでしたが、やはり無臭で香料などの添加物の入っていないものが良かったです。
④テクスチャー
スウィートアーモンドオイルはストレスなく肌になじみます。お腹や背中、胸など広範囲に塗り広げるため、スムーズに伸びて肌になじむ使用感はとても良かったです。また、塗った後もしっとりして、100%オイルなのにべたつく感じも全くありませんでした。
⑤サイズが豊富
50ml、100ml、200mlがあり、必要に応じでサイズを選べるのも魅力的でした。50mlと100mlはポンプタイプではありませんが、別売りのポンプを装着して使用することもできます。
⑥コストパフォーマンス
妊娠期間は長く、毎日続けられるものが良かったので、あまり高価でないものが良かったです。無印良品のスウィートアーモンドオイルは50mlが690円、100mlが1190円、200mlが1890円(全て税込)と、妊娠線予防専用の商品と比べかなりお得です。
⑦妊娠期間が終わっても使える
アーモンドオイルはビタミンEを豊富に含んでおり、妊娠線予防としての保湿効果だけでなく、妊娠期間が終ってからの美容オイルとしても使用できます。ビタミンの抗酸化作用はアンチエイジングやシミの抑制にも効果が魅力的です。

このようにたくさんの魅力があり、私にとって無印良品のスウィートアーモンドオイルは手放せないものになっています。
妊娠初期の頃から使用して、現在10ヶ月になります。病院でもお腹はやや大きめと言われますが、肌の調子は抜群で妊娠線は全くできていません。正中線もほとんどわからないほど薄く、ビタミンEの美白効果かなと思っています。
妊娠線予防にぜひオススメしたい商品です。これからも使い続けたいと思っています。

私は妊娠線予防クリームに、DHCのオリーブボディバターを使いました。

インターネットで沢山調べましたが、続けることが難しそうな値段の物が上位にランクインしていたり、高いからといって誰しも妊娠線ができなかった訳ではないと分かったので、自分が使用し続けられる値段、そして自分の肌に合うものを探しました。その結果、もともと化粧品でDHCを使用していたこともあり信頼していたのでこのクリームを使うことにしました。
使い始めた時期は、妊娠が分かってからお腹が少しでてきたかなというタイミングで塗り始めました。分かりやすく言うと、周りから見たら妊娠しているとはまだ分からない位のお腹のでかたの時です。あまりにも早いかなと思いながらも、お腹の中にいる子どもに話しかけながらお風呂上がりに顔よりも先にすぐ塗っていました。
匂いは、リラックス効果があるような優しいフローラルの香りで、お腹に塗っている時に妊娠線予防だけではなく癒し効果もありました。がっつりと匂う訳ではなく、ほんのりと香りがただよってきます。ただ、私は好きな匂いでつわりも軽めだったため使用するのは大丈夫でしたが、好みが分かれる匂いと、つわりが酷い人は吐き気を伴うかもしれません。
付け心地は、冬は少しクリームが固くなっているため伸びが悪い気がします。でも、手であらかじめ温めてから塗るとスルーっとクリームが伸びるので、私は気にならずに塗れていました。また、クリーム自体もすごく高い訳ではないのでケチケチする事なくたっぷりと軽く円をえがくようにマッサージをしながら塗り込んでいました。塗ったあとは少しベタつきがありますが、逆にそれが保湿効果抜群で妊娠線予防になっている感じがありすごく良かったです。ただ、塗ったあとにすぐ服を着ると、服がペタっとくっついてしまいます。でも、塗って少し時間がたったら、ベタつきも気にならなくなります。
私は他のクリームに目移りすることなくオリーブボディバターだけを使い続けた結果、妊娠線は全くできなかったです。これは体質も関係するとは思いますが、私には合っていたクリームでした。
これから妊娠線クリームを購入する方にアドバイスをするとしたら、下手に高いクリームを購入したらケチケチと使ってしまい効果が半減するような気がするので、値段も気にならずにたっぷりと使え、子どもを産むまで使い続けられる物を探した方がいいと私は思います。そして、まだお腹がでてからでいいやと思わず、かなり早い段階から使った方が効果があるように思います。つわりに負けずに妊娠線予防を頑張って欲しいです。

妊娠線予防にニベアクリームを使った結果についてです。

妊娠線予防はお腹がまだあまり大きくなってはいない妊娠4ヶ月ごろから始めました。まだまだ必要はなさそうだったのですが、ネットや雑誌で調べていると皆さん早めに妊娠線予防はしておいた方が良いとあったため早めに始めました。ニベアクリームを使った理由は安いという理由です。高いクリームはやっぱりお値段だけあって良いという口コミが多かったのですが、妊娠線予防には惜しげなくクリームを使うことが大切とあったため、何本でも使える、惜しげなく使いまくれるという点から安くてもなかなか口コミも良いニベアクリームを使用しました。使い心地はつけたすぐは少しベタベタはするのですが、時間が経つと潤いが少なくなっています。潤いを保つためには1日何度か塗り直す必要があります。私は朝と夜のお風呂の後に塗るようにしました。夏場にかけて使用が増えていたのですが夏場だけれどベタつき過ぎることはなく快適に使用できました。冬場であればもう少し塗る回数を増やした方が安心かもしれません。お腹が目立たないうちはそこまでの量を使用していなかったで、1ヶ月に1本使い切らないぐらいだったのですが、お腹が大きくなる妊娠8ヶ月に入ってからは大量に使用するため1本200グラム入りのものが半月で無くなっていました。使用方法は1日2回、お腹から背中にかけてとお尻にも塗っていました。特に大きくなったお腹の下腹部には妊娠線ができやすいと聞いていたため大量に使っていました。太ももにもできる人がいるとあったので、時々太ももにも使用していました。妊娠4ヶ月から生まれるまで毎日欠かさず使ったため期間にすると約6ヶ月、7本使いました。安いから大丈夫かなと不安ではあったのですが、見事に妊娠線はできませんでした。やはり、惜しげなくたくさん使用できたことが良かったのだと思います。使う量が多いので、続けやすい値段ではないといけないと思います。特に私の場合は妊娠中に体質が乾燥肌に変わってしまっていたため、妊娠線もできやすい状態になっていたし、よりたくさんの妊娠線予防クリームを使用しなければなりませんでした。ニベアクリームは匂いもきつくないため妊娠中は匂いにとても敏感になっていたのですが問題なく使用できました。やはり、妊娠線予防は適量のクリームを毎日使い続けることが大切だと思います。そのためには無理なく続けられるニベアクリームはおすすめです。

妊娠線予防にmiteteのマッサージクリームを使いました

母や叔母と小さい頃にお風呂に入ることが多かったのですが、そのときにお腹に何箇所も入った薄い線がすごく気になっていました。
小さい頃に聞いたら、「妊娠線」と言われ、その時はふーん…で終わっていましたが、いざ自分が妊娠したら、自分も出来るのでは?と不安になりました。
母方の親族が二人とも出来ているのだから、遺伝子的にも自分も出来やすいんじゃないか?と……
妊娠線が出来て、母は人前で温泉に入るときに嫌がることが多かったですし、子供の目でもお腹の縦線はすごく気になりました。
そういうわけで、妊娠線予防をするべく、妊娠がわかってからすぐに予防のクリームを探し始めました。
クリームは色々ありましたが、つわりが酷くてにおいに敏感になっていたので、出来る限りにおいはさわやかな香りのものがいいと思いました。
無臭のものも探したのですが、なんだかオイルのにおいがする気がしてしまって、逆に抵抗感がありました。
いろいろ他のクリームも試しましたが、イマイチいい!と思うものにめぐり合えませんでした。
そんな中、miteteの「女性100人の声から生まれたマタニティクリーム」は、さわやかなオレンジの香りがとても気持ちよくて、これにしよう!と思いました。
オレンジの香りが合成香料でなく、天然のアロマオイルなのも自然でいいと思いました。
実際使ってみたら、塗り心地もべたつかず、伸びも良くてとても良かったです。
また、塗るとじんわりお腹があたたかくなる成分が含まれているので、朝と晩に2回塗りこんでいました。
妊娠中は手足の冷えに気をつけろとよく言われますが、私の場合、お腹周りも冷えている感じがしたので、じんわりあたたかいこのクリームと、腹帯を併用して出来るだけ冷やさないようにしていました。
容量もたっぷり入っているので、コスパも良く、毎日いっぱい使っても気にならないのも良かったです。(妊娠予防のクリームの中には容量が少なくて、なかなか思い切った量を使えないものも多いので……)
毎日朝晩しっかり塗りこんで、お腹のマッサージも欠かさなかったのが良かったのか、妊娠線は私には出来ませんでした。
それがとっても嬉しかったです。妊娠線ができるとやはり、ビキニも着れなくなりますし、温泉とかでもお腹が気になってしまうので……
現在、第二子を妊娠しているのですが、今回も妊娠線予防のために、朝晩のマッサージとクリームの塗布は欠かさずにしています。